2002年3月の日記


過去の日記


Generated by nDiary version 0.9.2

Mar.7,2002 (Thu)

[Linux]VineLinuxのインストール

_ 昨日までスキー合宿に行ってきました。
今日は久しぶりに電子機器に触れるようないきおいです。(^^;

_ VineLinuxインストールの動機は、最近バイト先でRedHatをいじくって、結構勝手がわかってきたために、なんか、鯖でも立ててみるか。と思ったのが始まり。
半年くらい前に粗大ゴミの中から拾ってきたIBMのデスクトップ(Aptiva)にインストールを試みてみました。
スペックは

_ って感じです。
そもそも、バイト先と同じ、RedHatをインストールせんがために、準備(イメージのダウンロードなど)を進めてきたのですが、いざ、インストールしようと、ブートディスクの作成を済ませ、FDから起動させたところ、起動したのですが、「このマシンはRedHatに対してメモリの量が少ないです。」みたいなことを表示されて、リブート。
そして、同じことを繰りかえす。。。(泣
そんな感じで選択肢が減って、比較的定番でRedHat系のVineLinuxをインストールすることに決まりました。

_ インストール自体は単調に進み難なくクリア。
結局一番困ったのはネットワークカードの設定。
なんだかんだで認識させるのに手間取り、最終的にはメーカーのホームページ(http://corega.co.jp/)に行って、PCI-TXLについて調べることになりました。
Linux用の情報はKondaraLinuxの話しか載っていなかったのですが、まぁ、どうにかなるだろう。と、そのまんま挑戦してみました。
案の定、ネットワークカードの認識に成功し、DHCPでのグローバルIPのゲットに成功。
そして、今現在、ローカル内のWindowsマシンからsshで日記をかいています。

[Linux]日記システムの導入

_ 見れば分かるようにnDiaryシステムを利用させてもらっています。
VineLinuxは全てのパッケージをインストールしておいた。という状態なので、なんの設定もナシに、Rubyは走りましたし、ちょっといじくるだけでapacheも走りました。

_ このシステムを導入することによって、簡単に日記が書けそうです。
(とか言いつつ、いつも三日坊主だし。(死 )

Mar.8,2002 (Fri)

バイト再開

_ 今日は久しぶりにバイト先に行きました。
まぁ、RedHatマシンにイメージ化して保存してあったラブひなを焼いて出すために行ったという噂もあったりなかったり。(^^;

_ そのラブひなを焼き出すために必要なメディアを千葉のヨドバシカメラに買いに行くと言う悪循環っぷりがたまらん。(^^;

_ ヨドバシついでに、自分はいつから機種変更に余分な代金がかからなくなるのか?と言うことに付いて、聞いて来ました。(サービスセンターに電話すれば分かるらしいのですが、なんでも対応があまり良くないらしいとのこと。無駄にストレスがたまるような対応をされるよりはショップの人に頼もうと思った次第です。)

_ なんでも、今月の13日から上乗せされる金額ナシで機種変できる模様。
あー。待ち遠しいねぇ。13日(w

スキーのお土産

_ スキーのお土産なんですが、自宅用にミルク系のクッキーみたいなのと、きのこの山ぶどう味(信州限定)を買いました。

_ バイト先用に用意されたお土産は限定饅頭なる名前の如何にもあやしいお土産。
パッケージの絵はオコジョで、全国のオコジョマニアが限定饅頭欲しさに朝早くから並んで買うらしい。と言う噂があったり、なかったり。
当然初回限定の特典のために予約も忘れない。。
ってなんの話をしているんだろうね。(w

[Linux]konに感動

_ 別に対した話ではないのですが、VineLinuxが標準の状態のコンソールで漢字表示できなかっためにkonなる漢字対応のコンソールエミュレータ(?)を立ち上げる羽目になりました。

_ と、此処までだと、あんまり言い話に感じられないのですが、konを立ち上げてみてビックリ。
ktermのような感じなんですが、/etc/kon.confを書き換えることにより、いろいろなカスタマイズができますし、それ以外にも、解像度が上がったりと、いい事づくめ。
特にlinuxconfの様にきれいな色と、日本語で表示されるアプリケーションを起動する前に起動しておくと、中々いい感じに。

[PC]ちょっと五月蝿い

_ 問題と言えば問題になるのですが、IBMのマシンは私がはじめて買ったパソコンである、NEC ValueStar V200よりもちょっとだけ、五月蝿いみたいです。
置いてある場所も多少は影響するのかもしれませんが、寝るときに耳に音が入って来て、余り良い感じがしません。

_ さて、此処で思い立ったことと言えば、移行するのが面倒にならないうちに静穏なマシンを一台買うなり、作るなり、してみようかなぁ。。。って事だったりします。

_ 今のところやったことと言えば、ネットワークカードの認識や設定と、各種デーモンの設定や起動。それに日記のシステムの構築。
未だこれくらいなら移行を思い立った日に即移行できると思うのですが、これがemacsの設定なども本格的におこなってしまうと、ちょっと面倒なことになって来ます。

_ 千葉のTwoTopにて、一番安いデスクトップ型マシンの価格を調査して来ました。
(買うかどうかも分からないのに、店員に聞くのは失礼なので、自分で調べましたが。)

_ 一番安いマシンが4万円くらいでしたね。
それでも、今使ってるマシンとは比べ物にならないくらい高機能です。
Celeron800MHzらしいのですが、今使ってるメインマシンよりもスペック高いよ(T T

_ 計画としてはこのマシンを買って、電源などをB.T.O.っぽく静穏なものに替えるか、ベアキットを買って、一から静穏なマシンを組むか。の2択になりそうです。
(おそらく後者の方が静かなマシンができ上がると思うのですが、面倒です(^^;)

_ っつーか、鯖マシンくらい別の部屋に置けよ!って噂もある。(w
リビングに置きたいんですが、ただでさえパソコンを扱えない(ヘボゲイツでさえ)ような家族にPC-UNIX系のOSの良さが理解できるとは到底思えないし、今さら利点をいくら説明しても納得してもらえそうにない。(w

_ あー。鬱だ。

アニメのCD焼きまくり

_ 何故かバイト先の先輩がアニメをCD化にしたものを沢山持っていたので、とりあえず、借りて、焼かせてもらっています。(とか言いつつも、何故か自分も持っていたりするので、実質的にはオフ交換な感じ。いつ聞いてもオフ交換って言うのは危険な響きだよなぁ。。。)

Mar.9,2002 (Sat)

[hoge]プログラマーにしか理解できない下ネタ

_ http://pc.2ch.net/test/read.cgi/unix/1000484092/とかhttp://pc.2ch.net/test/read.cgi/unix/1006063682/など。
どう考えても普通の人には理解できない内容だと思われます。(w

_ こんなところ読んで笑える自分もどうかと思ったり。。。

BeatmaniaIIDXヤリ込み宣言

_ なんだか、最近ちょっと巧くなったんじゃないか?って、自分的に満足。>BeatmaniaIIDX

_ 普通のBeatmaniaが置いてある店は結構あるのですが、BeatmaniaIIDXの筐体が置いてある店が極端に少ない気がする今日この頃。

_ 西千葉には前々からLuckyというゲームセンター(千葉大学前)にBeatmaniaIIDX筐体が置いてあることを知っていましたが、何故か千葉近辺のゲームセンターで発見できないでいました。

_ でも、この間、スピンドルパックのCD-Rを買いにヨドバシカメラに行ったときに、BeatmaniaIIDX筐体を置いている店を発見しました。

_ 私はたまにしかビーマニをゲーセンでやらないので、やるときは5回位は平気でやります。(w
で、一通りいつものパターンで遊んだあと、エキスパートにも挑戦してみようかな。
なんて、思ったり、思わなかったりするわけですが、そのときちょうど目に入ったのが、「当店のオリジナルは難しい曲の練習に最適。Easy付きでどうぞ」なんていう文句。
挑戦してみたわけなんですが、一曲目からイキナリFrozen(?)で40%まで落され、二曲目のB4U後半で死亡。(^^;

_ 「あー。全然駄目なんだオレ。」的な感じで、これからヤリ込むことを心に誓いました。(実話。)

Mar.10,2002 (Sun)

[PC]WindowXPインストール

_ 今日はこの間買っておいた80GBのハードディスクにWindowsXPをインストールすることにしました。
当然のようにデータ領域と、オペレーティングシステム用の領域を分割するわけですが、巧い具合にドライブレターが付いてくれない(^^;
(理想はオペレーティングシステムがCで、データ領域がD。オペレーティングシステムはCに割り当てることができたものの、データ用の領域がI(!)に割り当てられてしまい、どうしようかなぁ。。。って感じです。DからKまでにはプライマリのスレーブのドライブが割り振られてしまいました。と言うのも、データ領域だけ、インストール後にフォーマットしたからだと思われます。)

_ このままではなんだか嫌な気分なので、もう1回インストールしなおします。(死
無事ドライブレターは変更されるのでしょうか。。。(ちょっと不安)

[PC]再インストール後

_ あー。結局インストールしなおしたわけですが、その後の調査(?)により、ドライブレターはコントロールパネル上で変更ができることがわかりました。ビバ!WindowsNT系!!(違

[PC][Linux]デュアルブート構成

_ なんだか、自分でもちょっとわかりにくい文章を書いてしまったなぁって感じなので、一応フォローしておきます。(w
この間までは40GBのハードディスク一機で頑張っていたわけなんですが、その構成を。

_ って構成だったわけです。(バイトの性質上Linuxが入ってないのが意外なんすが、実際にLinux上で動かすアプリケーションの開発をする必要があるというだけで、文法のチェックなどはVisualC++なんかで十分だったわけです。一応、LAN内にLinuxマシンがあるので、Cygwin+XWindowSytemっていうなんとも不安定っぽい構成でXWindowSystemでもプログラムの開発を実現できていましたが。)

_ そんな感じだったのですが、何故か溜まるに溜まったアプリケーションやアニメ系の動画などでハードディスクが満杯に(^^:
で、一時期は焼いて出して、消して。
っていうハードディスク整理コンボを繰り返していたのですが、いい加減めんどくさくなり、この間友人と秋葉原に行ったときに思い切ってハードディスクを購入してしまいました。
表向きはIBMのハードディスクってことになってるやつです。(謎)
80GBで2万円前後。いい時代になったもんだね。

_ で、いろいろ忙しくて、しばらく放置していたのですが、暇ができたので、ハードディスクを新しいものにしようと思ったのですが、DriveCopy(ハードディスクの内容を新しいディスクにそのまま移行する、といったようなソフト)みたいなのもバンドルされていなかったので、渋々WindowsXPでも入れてみるか?ってことになりました。

_ で、二つ目のディスクにWindowsXPをインストールするに至ったわけですが、ここで、増設したディスクを新しくCドライブとして認識させたい人にワンポイントアドバイス(w
二つ目をマスターにつなぐか、スレーブに繋ぐかはあまり関係ないみたいなのですが、二つ目のディスクにオペレーティングシステムをインストールするときに一つ目のディスクを外したほうがいいみたいです。
ちなみに、私は外さないでインストールしようとしたために、システムのドライブレターがF(!)になりそうな勢いでした。(当然途中でリブートしましたが。)

_ そんなこんなで二つ目のドライブの構成&二つ目のドライブから起動した時の一つ目のドライブのドライブレターです。

_ 一応こんな感じにしておくとシステムがCでデータがCに最寄のDとEなのでいい感じかなぁ。と。
ちなみに二つくらい飛んでるドライブレターがあると思うのですが、それはCD-RとDVD-ROMドライブだった名残です。(w
(今現在はCD-RをR:にDVD-ROMをQ:に割り当てています。)

_ さぁて。これからどんな感じにジャンクション(http://www.sysinternals.com/ntw2k/source/misc.shtml#junction)張ろうかなぁ・・・(うひひ。

[hoge]プログラミング系のページ建て直しか?

_ なんだか最近本家のホームページ(@niftyにあるやつ。)の更新が疎かになってます。
正直、構成とかよく覚えてないし、今から考えるとちょっと汚い構造になっているような気もします。

_ で、考え直したんですが、授業でC言語を一から学ぶはずですし、来年は多少暇です。
なので、これから新しくプログラミング系のホームページを作ろうかと。
今日ネーミングは考えました。

_ その名も"hoge"
いや、後先考えてないんですが、とりあえずこの単語がタイトル中に含まれるページをつくろうかな。と。

[PC]PartitionMagicを焼きました

_ 職場のCD-RがLinuxからWindowsにした途端に二枚目以降は再起動しないと無理。というヘボッコイ物になってしまいました。
いろいろと調査を試みましたが、原因は不明。
ライティングソフトが悪いのか?
と思い、別のものにして見たりもしてみましたが、状況は変わらず。

_ なんだか、めんどくさいので、PartitionMagicでぶった切って、RedHatでもぶち込むことにしました。

_ やっぱりcdrecordマンセーだね。(違

_ 詳細はたぶん明日の日記で。

Mar.11,2002 (Mon)

リンクしてもらったよ

_ サークルの同輩がホームページを立ち上げました。
(http://www8.ocn.ne.jp/~tomora/)

_ リンクのページではなんとも私を誉めてくれているような感じでお世辞だったとしてもなんだかうれしい感じです。(爆

[Linux]RedHat@naokoの隣

_ バイト先にはnaoko(OSはRedHat)っていう名前のマシンがあるのですが、この機に搭載されていたCD-Rドライブを隣のマシンに付け替えました。

_ 隣のマシンに入っているOSはWindowsなのですが、CD-Rドライブとの相性がもう最悪。
一枚焼くたびにリブートしないといけないと言う状況。

_ つまり、二枚目を焼こうとするとこける@Windows(^^;
なんなんだろうなー。な感じで、いろいろ試したのですが、解決せず。

_ そこで、PartitionMagicを用いてぶった切り、RedHatもGrub(ブートローダ)でデュアルブートできるようにしよう。という計画が密かに発動。

_ まぁ、昨日のうちにPartitionMagicを自宅のハードディスクから焼いて出しておいたのですが。(^^;

_ で。思いのほかPartitionMagicっていい感じ。
どうもWindowsでしか動かない(Dosも駄目っぽかったさ・・・なにしろ、イメージから焼いたのに、CD-ROMブートできない。)っぽいのですが、GUIで簡単にパーティションを操作できました。
(WindowsNT系のディスク管理ツールにパーティションをきる機能も追加したような感じでした。)
パーティションに変更を加えると、リブートを要求され、おとなしくしばらく待てば、きれいに切れてます(w

_ はじめ、私は先頭のほうに/boot用のパーティションとswap用のパーティションをまとめて設け、後ろのほうに/用のパーティションを設けたのですが、特にフォーマットやファイルシステムなどは指定しませんでした。

_ RedHatのCDからインストールに入って、ビックリ。
なぜだか割り当てに失敗。(^^;
(先頭のほうにまとめて取ったパーティションの分割がうまくいかない。まぁ。最近のマシンなんてswapパーティションなしでも動くけど。:-p)

_ なんだか腹立たしいのでPartitionMagicに戻って、切り直し。
(というか、先頭のほうを分割し、それぞれのパーティションをあらかじめext2形式に指定。)

_ その後のインストールはうまくいきました。

[Linux]あっ。ワークステーションってダメじゃん。(w

_ インストール後に気づいたことなのですが、ワークステーションの設定だと、sshdもtelnetdも無い。

_ xinetdの設定うんぬん以前に入ってないのだ。(^^;
使えねー。とか思いつつ、インストールするのは後でイイや。ってことで放置。(だって、とりあえずコンソールで使えるし。)

_ ちなみに、root以外のユーザーもめんどいので作ってません(死

[Solaris][chiba-u]再帰的にディレクトリを消す方法

_ あー。春休み中。もうすぐ二年生です。
今回はリモート(つまり、統合デスクトップ環境のファイルマネージャが使えない状態)からディレクトリをリカーシブ(再帰的)に消す方法です。
rm -rf など色々試したんですが、システム管理者の変な配慮が効いてて、消せませんでした。(爆
なので、fdでCUIのファイルマネージャっぽいのを立ち上げて"D"eleteしてあげてください。(^^;
ちなみに終了は"Q"uit

Mar.12,2002 (Tue)

[hoge]hoge企画の方針が決定

_ うーん。
日記にアンカーを張っていくような感じで進めていきたいと思います。
この方が更新がおろそかにならなくていい感じだし。(w

[hoge]オブジェクト指向のススメ

_ 今日はオブジェクト指向のススメです。
最近、プログラミングをしている方はよく耳にする言葉だと思うのですが、オブジェクト指向とは何か?と言ったときに「オブジェクト」とはどのような意味で使われているのかを考える必要があると思うわけです。はい。

_ で、実際のところ諸説あるみたいですが、(うそ。ただ単に調べてないし、自分がうろ覚えなだけ(死 )自分としては、「物質」みたいな感じではなく、「目的」とか「対象」というような意味で使われていると思うわけです。

_ そもそも、私は「オブジェクト指向するぞー」と意気込んでオブジェクト指向という考えを学んだわけではなく、今思えばVisualBasicってのがとんでもなくうまくオブジェクト指向を隠蔽している言語だな。と思ったりするわけで。

_ 私が思うにオブジェクト指向というのはGUI関係のプログラミングをする際にとっても有効な手段だと思います。VisualBasicにはまさにうまくラッピングしたGUIクラスを感じて取ることができました。

_ たとえば、Labelなどを扱う際にオブジェクト指向でないプログラミングの場合は
strcpy(text,get_label_text(label));(*1)
といった感じのコーディングになると思います。

_ それよりは
text=label->getText();(*2)
みたいなコーディングの方が奇麗で見やすくて、見通しが立ちやすいと思うわけです。

_ しかも、VisualBasicではなく、自分で構築したGUIクラスの場合、LabelとButtonが同じ抽象クラスを持つようにしておいたりしておけば、共通の仕様変更などを施す際にとっても楽です。

_ って。初めてのhogeがこんな初心者を突き放すようなものでいいんだろうか?(^^;

[Linux]FrondEndProcessor(だったっけ?)

_ FEPとは、日本語を変換するためのソフトの総称です。
「FEPにはMS-IMEやATOKがある」と言えばどういったものがあるかわかると思います。

_ で、今回はどのフロントエンドプロセッサーの話なんですが、LinuxやUnixはとことんまでに貧弱!!(ただし、商用である、ATOKXを使っていない立場からの意見ですが。)

_ 結局、どうしてるかと言えば、MS-IMEを使って、TeraTermでEUCとして転送。
ナニやってんだろうな。(w

_ ちなみに、理想としてはemacs + egg + wnnあたりで、ATOKキーバインドが使えればいいかなぁ。。。という感じで。(カスタマイズすれば使えそうなのですが、どこを探してもその類の情報が載っていない(^^; 情報もとめてます。ご存知の方はぜひお教えください。)(*3)

[Linux]自分の部屋の隣にサーバ設置!?

_ 今日、父親に「壁に穴を開けて(LAN)ケーブルを通してもよいか?」と聞いたら、快諾してもらえた模様。(というか、いつ施工をするか?って話にまでなった。(w まぁ。施工といっても日曜大工的なものだとは思うのだけれど。)

_ うーん。うれしいよ。ついにサーバ用途のマシンで、音を気にしないマシンを一台くらい組んでも良いみたい。(というか、最近各所で聞く話題としては、ノートパソコンのほうがサーバ用途としては優れているのでは?と言う説。確かに無停電電源(バッテリー)は付いてるし、XWindowSystemの設定がへぼってもサーバ用途なら全然痛くないし。第一音が静かじゃねえか!(w)

_ 組むにしてもノート買うにしても安く済ませたいです。はい。VineLinuxPCCが使ってみたいからと言ってiMacを買うようなヘボッコイ真似はしたくないですね。ハイ。

[Linux]Ngのキーバインド設定

_ ngってのはemacsのスモールサイズ版みたいなもんです。
まぁ、C++とC位の関係だと思ってください。(わかりにくい。(爆)

_ http://www.pluto.dti.ne.jp/~moment/soft/unixonpc110.html
世の中便利なことを書いてくれている人はたくさんいるんですねぇ。。(^^;
私なんか、.emacsをそのまんまコピーして使えるかどうか試してみたんですけど、なんか、エラーがでたっぽくて無理でした。

_ そのまま追求できる自信もなくて探索。
で、発見。おー。Ctrl+hがバックスペースに!!
快適快適。そのまんま文章は全部ngで書くかなー。。。(とか言いつつemacs(死)

_ よくよく見ると、このページ、WindowCEマシンみたいなもんで、FreeBSDを動かす。
見たいなページっぽいです。ちょっと興味をそそられたりして。(^^;


*1: ここではchar* text,Label* labelでget_label_textはLabel*を引数にとり、const char*を戻り値にとるものとします。
*2: で、textはStringみたいな型でLabel*であるlabelはgetTextっていうメンバ関数を持ってて、Stringのような型を戻り値に持つ。
*3: 言い訳だってさ、SKKなんていうWindowsのこと考えてない入力変換なんてこれからを考えると使えないよ!!(w 辞書の賢さは差があるのは許せるとしてもキーバインドが違うってのはとてつもなくストイックでしょ。私が秀丸を使わずにxyzzyを使う理由もそんな感じだし。
Mar.13,2002 (Wed)

[Linux]やっぱりemacsがいいや

_ 昨日、あれだけngが良いとか言っておきながら結局今日立ち上げているのはemacs。
まぁ。そのうち、動作音も気にせずに一台組みますので。(多分。)結局軽いだの、重いだのを気にせずにemacsでもXクライアントでnetscapeでもやってやろうじゃねぇか。(嘘)

機種変更しました。

_ 前々から言っていたのですが、パナソニックの新しい(でもないか?)やつに機種変更しました。

_ 機種変更をするときにちょっと横目に入ったのが、新しいカラーである「青&金」みたいなやつ。
名前から想像するに、かっこ悪いのか?と思われる方もいると思うのですが、なかなかかっこよかたですよ。
別に色は気にしていないのですが、ファームのバージョンみたいなのが上がってて、バグが直ってるとちょっと癪に障るかも(死

_ 正式なライトEメール対応を謳っているだけあって、やっぱり便利です。(送信済みのメールでも未送信としてストックされるのはちょっとムカつくけど。)

アニメKanonだね。

_ 今日は二週間ぶりのアニメのkanonの日。

_ この時間帯はキャプチャーしにマシンを使うので、軽い作業しかできません。(重い作業はsshなどでサーバのマシンにさせたいところだが、VisualC++関係のファイルの修正とかだと、出来ないし、ストレスが溜まるんで、日記を書くことにしました。(爆)

_ 今日の内容は全部この時間に書いていると思って良いでしょう。

_ どうでもいいけど、残りの話数で全部のキャラについて、ストーリ追えるのかよ?(爆

[hoge]classの基本的な考え(隠蔽編)

_ さて、オブジェクト指向を薦めましたが、その理由を考えて見ましょう。

_ やっぱり前述のように、コードが簡単で書きやすいものになるって言うのは重要なんですが、クラス化することにより「隠蔽」という作用があります。

_ これは、「開発者側から見たクラス」と「利用者側から見たクラス」というのを差別化するといって良いと思います。

_ こうすることによって、ユーザーが直接いじると不具合が起こりそうな関数(ユーザーが呼び出すと引数に無理がある可能性があったり、、予期しないタイミングで呼ばれたりする可能性がある関数。)を隠すことが出来ます。
普通、privateっていう識別子で宣言されたメンバ関数はそういう特性を持っています。

_ 簡単な例で言うと、生年月日を管理するBirthクラスがあったとして、int型のmonthという変数があったときに、setMonth(int month);でmonthの値を設定するという設計にしておけば、


int setMonth(int month){
    /*例外のときは-1を返すのが慣わしっぽい。*/
    if(month < 1 || 12 < month)return -1;
    /*いや、別に難しくしようとは考えてませんよ:-)*/
    Birth::month=month;
    /*成功しているときは0を返しましょう*/
    return 0;
}

_ って感じにコーディングしたとしましょう。
そうすると、月に相応しくない整数値が引数に渡されたときに、例外として認識することが出来ます。


if(setMonth(x))
    /*例外処理*/;

_ こんな感じで例外をキャッチできます。
うーん。なかなか説明しづらいのですが、ユーザーが使えるAPIを極端に制限して、出来ることを少なくして、安定だとしているOSと同じようなもんです。(爆)
制限している上に不安定なアレはどうなるんだろうね;-p

_ 理想を言えば、オープンソースで、オープンアーキテクチャ(?)みたいな勢いが望ましいと思うのですが、それでは仕事になりません。(爆

_ 安定した環境を提供するためにはユーザから使える関数を制限するのが手っ取り早いわけです。(もちろん、完璧に記述するんなら隠す必要もないと思われ。(w)

_ という訳で、今回は私のようなプログラマがボロを隠すためのありがたーい機能である、隠蔽について語ったつもりです。
多少は参考になりました?

Mar.14,2002 (Thu)

[hoge]最近やってる言語

_ 最近自分的に流行ってる言語でもあります。(と言うか、仕事で流行らされたって勢いですが。)

_ その名はSmalltalk!!
調べてみればわかると思うのですが、完全にオブジェクト指向です。(w
どのくらい激しいかと言うと、


1+1

_ これを見て大半の方は(というか普通、)整数の1と1が足されてる。
っていう認識だと思うのですが、Smalltalkはちょっとヤリ過ぎ。
1という整数のオブジェクトが+という関数で結ばれているっていう勢いなんです。
ちょっと違うと思うのですが、


Integer::+(int i){
    Integer::i+=i;
}

_ みたいな勢いなんですよ。(w
他にも色々と特徴があるのですがそれはまた別の機会に。。。

Mar.15,2002 (Fri)

[Linux]久しぶりに全文検索システムNamazuを導入

_ ずっと前に導入したときはWindowsマシンしか使っていなかったので、ActivePerlでindexを作って、でかいファイルをディスクスペースを惜しんでniftyにアップしなければならなかったのですが、今度は一応自宅サーバになる予定のマシンでインデックスを作ればいいので楽チンです。(つまりは感覚的にはローカルに置きっぱなしでいい>インデックスファイル)
参考までに(備忘?)私が使っているインデックス書き出しのコマンドは以下のよう。
(*1)


mknmz -O /home/takano32/public_html/namazu /home/takano32/public_html/diary

_ namazu.cgiと同じディレクトリにある、.namazurcの設定がかなり重要だったりするみたいです。(というかReplace設定をきちんとしないと、ローカル以外だと変な結果を吐き出すよ。(^^; )

_ あー。こんなにカスタマイズが進んできて、これから新しいサーバに移行することがわかってると結構萎えますね(死

[Linux]IPMasqueradeする?

_ 綴りあってるかどうかわからないんですが、ipマスカレードっていうNATのスゴイやつが最近流行ってるみたいです。(説明不十分だし、流行ってるのも最近と言うわけではない(死 )

_ 簡単に言えば、ローカルのネットワークとグローバルのネットワークを上手に隔絶するシステムみたいです。
(セキュリティの面で良くなりそう。)

_ でも、結局そのホストマシンのセキュリティがしっかりしてないとボコボコになりそうな。。。(あたりまえ(^^; )
なんだかんだ言っても導入してみたかったりします。squidでproxyも立てたいし。
って、今のスペックじゃ絶対無理。(w

[hoge]STLやらなきゃだなぁ

_ 今日のhogeは自分への戒めみたいな部分もあるのですが、近い将来STLって物について詳しく勉強したいですね。

_ 今日ちょっとかじってみたのですが、とっても便利くさいです(w

_ 具体的にはVectorやListみたいな他の言語では根底のレベルでサポートされているデータ構造をサポートするように出来たりするみたいです。

_ STL以前に、そもそもクラステンプレートについて勉強すると新しい考え方が身に付きそうだなぁ。と思ったり。


*1: /home/takano32/public_html/namazuはディレクトリです。
Mar.16,2002 (Sat)

[Linux]VineLinuxってやっぱりイイね。

_ 今さっき、会社のほうのマシンにもNamazuとかって入ってるのかなー。と思ったら、入ってませんでした。(^^;

_ やっぱり実用本位で設計されている(同士によって設計されている)恩恵は大きいみたいです。(*1)

_ 若干不平はあるものの、最新のバージョンが出たらこれで運用してもいいかなぁ。と。思ったり。

また読んでるし…「AIが止まらない!」

_ なんだかんだ言ってこの作品大好きなんだよねぇ。(死
よくこういう作品を紹介するページなどで、キャラクターの格付けみたいなことをやっていて、普通の方々は「なにやってるんだ?こいつ?」な感じで思われると思うのですが、今日はそんな感じで私のことを見てください(w

_


  1. 弥生(神戸弥生)
  2. シンディ(シンシア・マクドゥガル)
  3. サーティ

_ こんな感じです。見事に赤松氏の術中にはまってる感じがしなくもない。(w

追いコンに行って来ました。

_ 今日はサークルの追い出しコンパがありました。
何故か席の予約が多めであったために(予想していたよりも人が来なかったとも言う(w )食事がほとんど食べ放題…なつもりで居たのですが、店がへぼっちいです。と言うより、むしろ店員のレベルがものすごく低かったです(^^;
オーダーを忘れるのは当たり前で、挙句の果てにサラダが二回出てきた。(ちゃっかり食べてる私たちも、私たちなんですが。:-))

_ まぁ。無事に終えれてよかったです。

なんだ!100円でできるのね。(TT

_ 今までbeatmaniIIDXって200円の筐体しかないと思っていたのですが、今日、千葉にて100円でプレイできる台を発見しました!!

_ それだけならまだショックの度合いは薄いのですが、その店が以前入り口付近の様子を見て、「あー。ここって5鍵の台しかないんだー。」と思い込んでいた店なのでビックリ。
そんな奥に置かないで、もっとアピールしてよ。(TT
(とはいっても、全盛になっているのはドラムマニアとキーボードマニアっぽいのですが…)

焼き焼きタイム

_ 明日、高校時代の友人たちと会うことになったので、色々と焼いています。
特に激しいのは自分でCMをカットしつつエンコードしたアニメを焼いているあたりでしょうか。(具体的にいってしまうと、Kanonなんですが。:-))

_ うーん。1スピンドルくらいになりそう(爆
まぁ。いいんですけど。(w


*1: そういう分野ではPlamoLinuxが先を行っていると思いますが。
Mar.18,2002 (Mon)

麻雀をしました。

_ なんだか、大学生の日記のくせに、書き方が小学生くさいです。(w
そのまんまなんですが、昨日の夜から麻雀をしました。
と、言いたいところなんですが、麻雀は5時間くらいでやる気力がなくなってしまい、結局なんでもない話をして、なんとなく盛り上がったって言う、なんか貴重な時間っぽいものを味わいました。

[beatmaniaIIDX]出来なかった曲

_ 一応、こうしてメモることにより、三曲目で自分のクリアできない曲を選んで撃沈と言うことは少なくなるかもナ。と。

_ と言うか、出来た曲をあげたほうが充実感が高いかも(w
出来た曲は

_ まぁ。直にどっちかにします。

[Linux]HDDが逝った!!@PC-9821 V200

_ 今日、PC-9821のOSをFreeBSDか、PlamoLinuxにしようと思い、実用性重視のPlamoLinuxをインストールしたのはいいのですが、ネットワークカードが使えません(^^;

_ sis900は標準でサポートされていない!?様だったので、ドライバのソース(http://mland98.rc.kyushu-u.ac.jp/pub/Drivers/net/Melco/sis900/)を取得して、モジュールとして組み込んでやろうと思ったのですが、このファイルをコピーしたフロッピーディスクをどうしてもマウントできない。
(当然のようにmtoolsも使用できなかった。)

_ こうした試行錯誤をしているうちに、HDDの情報が壊れてしまったみたいです。
で、どうなったかと言うと、PlamoLinuxのディスク管理ツール(fdisk98)からはゾンビ化した(パーティションが壊れた)ディスク領域として認識されてはいるみたいなのですが、それを知らせるメッセージが出力された後にプログラムごと落ちます。

_ Windowsのディスク管理ツール(fdisk)に至っては、認識が不能な状態(装置の変更などをしようと思っても、無理っぽい。)にまで至ってしまいました。完全にFAT情報が壊れとりますナ。

_ その後良く分からないのですが、Windowsの起動ディスク(正確に言うと、Windowsのコマンドプロンプト起動)からのfdiskの隠しオプションである"/mbr"を食らわせたら普通に動きました(w
なんなんだかなぁ。。。(*1)


*1: サークルの先輩でも同じ症状になったらしき方が居たのですが、その方の話によると「各ベンダーから、強制フォーマッタのようなソフトが出ているので、僕の場合はIBMのを使った。」と言っていたのですが、今考えると"/mbr"というオプションを知らなかっただけの可能性が大きいかもな。なんて思ったりしました。やっぱり、普通にLILOとかGRUBを入れて、元に戻したことある人しか知らないよな。(w
Mar.19,2002 (Tue)

[Linux]WebはWindows?

_ やっぱりWebのクライアントは断然Windowsの方が多いし、管理人の意見としてもWindowsマシンのタブブラウザって言うのが非常に良い感じです。
ああいうのってLinuxで出てないのだろうか?(lynxやw3mを使えと言われるとそれはもっともなのですが(^^;)

[FreeBSD][Linux]SIS900のLANボードに適しているOSはどっち?

_ あー。
PC-9821に刺さっているLANボードがPlamoLinuxでうまく動いてくれない。(^^;
なんか、kernelのバージョンをあげればいいらしいのですが、正直よくわからないし@PlamoLinux
で、昔の手順になるようですが、モジュールで動作させる方法もどこかに載っていたので、それをやってみても、sis900.cがコンパイルできないし。

_ よくわからず、FreeBSDにしようと思ったら、スライスを作る時点で障害を起こしたわけですよ(w
(でも、セットアップの初期段階でDHCPの設定をするところがあるのですが、自動認識して、それっぽいIP拾ってきてたし。まぁ。FreeBSDにすれば使えそうです。)

_ けど、sis900として認識しているという様子も無い。
要するにPlamoLinuxがダメなんでしょうか?(余裕があれば、ボードを他のマシンと差し替えて、Vineだの、RedHatでもやってみようかな。と思ったりしました。)

IBMの英語キーボードの換装サービス

_ おー。すげー。
http://www-6.ibm.com/jp/jpccinfo/pcdock/tpkbd/tpkbd_a.html
なんだか、限定販売という文字が非常に気になるのですが。

_ うー。いいなー。
英字キーボードって、圧倒的に使いやすいんだが。
二万円って言う価格が非常に微妙。(^^;

_ まぁ。一気にレアっぽいアイテムになりますナ。
買うとしたら当然s30なんですが。

viから日本語の入力ができる!!

_ 一体VineLinuxってどうなってるんでしょうね?
でも、Windows標準のtelnetの設定を
term vt100
codeset japanese euc
にすれば、普通にemacsも使えるみたいです。
知らなかったー(TT

[FreeBSD][Linux]やっぱりFreeBSD(98)の方が良いみたい。

_ いつか話題にしたと思うのですが、PlamoLinuxにて、sis900のネットワークカードが扱えません(^^;
(sis900ってマイナーかと思いきや、Melcoの廉価なカードに搭載されているチップなので中々認識度は高いみたいです。)

_ で、試しにFreeBSD(98)をインストールしたら使えるようになりました(w
(今現在、無駄にPC98からssh接続で日記を書いています。)
でも、結局emacsもmuleも無い感じなんですが、気のせいでしょうか?(^^;

_ でも、ブートローダが消せなくて困っているのは内緒(死
マジでそろそろ消す手段をさがさなくちゃなぁ...

Mar.20,2002 (Wed)

Smalltalkの勉強

_ Smalltalker's ML(http://www.sra.co.jp/smalltalk/SML/)が非常に役に立ちます。
というか、他に文献はないのではないか?っていうくらいの勢いなんですが。(^^;

[FreeBSD]FreeBSD用に一台組む計画

_ FreeBSDを動かすことを年頭に置いたマシンを一台組むことを計画中。
とりあえず、NIC(NetworkInterfaceCard)は二枚挿しにして、IPマスカレードしたいです。(もちろんファイアーウォールとしても機能させる予定。)

_ NICの購入候補として挙げておきたいのはMelcoのLGY-PCI-TXCっていうsis900のチップを搭載してもの。
FreeBSD(98)で動作確認もしたし、とっても廉価。
そして、なんと言っても、CPU負荷が低い!と言うことでしょう。
性能と価格のバランスが取れた品と言えましょう。
(ここも参考にするとよいかも(http://www.kobe1995.net/~kaz/FreeBSD/ether.html))

_ 他にもイロイロと絞り込んでいきたい部分はあるのですが、とりあえず、CD-"ROM"で十分ではないかと。(というか、明らかにFreeBSDって対応CD-R/RWドライブが少なそうだし。もし対応していても焼けるのがisoイメージのみと思った方がいいし。(Linuxで体験済み。cdrecordってコマンドがメインになると思われる。))
CD-R/RWのを買って、部室に寄付すると言うことも考えられないことはない。

[Linux][FreeBSD]無駄にUnixな生活がしたい!!

_ wanderlust
かなーり使えるみたいですね。位置付けとしてはmewの後継のMUAなんですが、navi2chと同じキーバインドらしいです。というかnavi2chが合わせたらしいです。(w

_ skk
千葉大学のシステムに入っているんですが、初めは「なんだよ。胡散臭いもの奨めやがって。パンピーはcannaだろ。」なんて思っていたのですが、これがイイらしい。(というか、マニア好みなスゴイFEPらしいのですが。)

_ などなど。使いこなしてみたいツールがっ!(死
というか、プログラマーならこういうツールを使いこなしてこそ普通。(偏見(w)(*1)

[FreeBSD][Linux]Grubで参考にするページ

_ http://www.page.sannet.ne.jp/hirata-naoto/grub.html


*1: マニアックなツールを使いこなせると言うのは偏見だと思うのですが、一般的な知識に強いというのは更に偏見だと思われる(w つまり、ユーザーサポートの変わりに「パソコンに詳しいだろう。」と、プログラマーの人に尋ねても「あうー。」となる場合が多いと思います。
Mar.21,2002 (Thu)

[Linux][Kanon]あー。やっちまった。(鬱

_ いやー。今日は強烈なトラブルに見舞われました(^^;
ズバリ
http://search.luky.org/linux-users.7/msg00022.html
と全く同じ問題に遭遇したわけ。

_ 職場のkeroなる、結構重要な位置にあるRedHat6.2マシンにsambaのRedHat5.2用のrpmをインストールしようとしたときに、libwcsmbs.soが必要だ。と言われたためにどっかから拾ってきたRedHat5.2用のlibwcsmbのパッケージをインストールしてしまったのが事の始まり。

_ インストールした直後から、rpmコマンドやemacsなどはエラーメッセージを出力して、受け付けなくなりました。
(でも、lsやmkdirは受け付けていたはず。)
理由は後々になってから分かるのですが、*.soというWindowsで言うところの*.DLLファイルに動的にリンクしているコマンドは一切動かなくなるらしいです。

_ で、とりあえず、色々と試みた後に、ログオフしたのですが、これが悲劇の始まり(^^;
ログオンできなくなったのです(@@
(思うにloginコマンドみたいなの自体がスタティックリンクじゃなかったみたい。)
正確に言うと、単にsoのバージョンとglib(?)のバージョンが合わなかったみたいなんですが。

_ で、上記の記事と全く同じ症状になりました。
DNSやCVSのサーバだったので、マジでビビリました。
マジで蒼白になりました。

_ 自宅のマシンだったら「あー。逝っちまった。再インストールだな。こりゃ。」が簡単に出来るのですが、そうは行きません(^^;

_ それが20日の23:00に起きたことで、それから復旧作業に移りました。

_ で、そこのメーリングリストの情報によると、Slackwareの起動ディスクがレスキューディスクの代わりになると言うことで、必死こいてブートディスク(起動のための最小構成みたいなの)とルートディスク(基本的なコマンドのセットみたいなの)を作ろうとしたら、ルーとディスクの作成がうまくいかない(^^;
なんでもフロッピーディスクの容量に見合わないサイズだとかで怒られました。

_ で、他のディストリビューションのブートディスクも試そうかナ。
と思っていたのですが、なんでもRedHatのCDがレスキューモードオプションでブートできるらしいと言う情報を得て、早速RedHat6.2のCDを持ってきて、ブートしてみる。
すると、確かに正しいSCSIドライバ(aic7xxx adaptec)を読みにいっているのですが、/dev/には何にも現れない。(そりゃ、ttyとかはあったけど。)
あー。こんなことをしつつも、今日の深夜に放送される予定のKanonのキャプチャーが間に合うか非常に気になってます。

_ ヤケクソ気味になって、RedHat7.2のCDからブートしてみると、全く同じような立ち上がりにもかかわらず、/dev/sdaが目に見えてる!!一歩前進!!!

_ で、トラブル解決の鍵は
/etc/ld.so.preloadを消すこと
にあったわけなんで、システムのディスクをマウントして、ファイルを消しに行ってみました。
手順は以下のよう。

#mount -t ext2 /dev/sda1 /mnt/sda1
#cd /mnt/sda1/etc
#mv ld.so.preload old.ld.so.preload
#ls *.preload
old.ld.so.preload

_ でリネームがされたことを確認しました。
で、rebootコマンドでリブートしようとしたら、コマンドが無い(w
(今思えば、/mnt/sda1/sbin/にはあったと思うのですが、気づきませんでした。)
Ctrl + Alt + Deleteを押してリセットをかけました。

_ ふぅ。これで起動するんだろうなぁ…
って起動しない!!(@@
また同じエラー起こしてるよ!
って事で、もう一回さっきと同じ手順でシステムドライブの/etcを覗くとld.so.preloadが復活してる!!(と言うか、リネームされてない!!)

_ rebootコマンドでrebootせんかったのがいかんのだな。と思って、
#sync
としてみました。(syncはキャッシュ情報を実際にディスクにフラッシュするようなコマンド)
でも、なんだか不安だったので
#sync;sync
と三発。(w
で、reboot

_ ビンゴ!!
見事に直りました。
ふぅー。マジで死ぬかと思った(^^;
syncコマンドはかなーり、重要であります。(w

_ Kanonのキャプチャーにも間に合ったと言いたいところなのですが、初めのほうをミスりました。
(時間的には間に合っていたのですが、ちょっと油断してたら、始まってた。(死 )
いつか、ビデオを友人から借りてリッピングしたいと考えているので、別にいいのですが。(死

[Linux]SKKを使ってみました。

_ http://www.icon.pref.nagano.jp/usr/aoba-hotel/instmemov4.htm
設定はここを見ました。
使えるようになったのですが、イマイチ。
ぜんぜん馴染まないよ。どこがいいんだろう。(死

[FreeBSD]Cannaが使えない(^^;

_ 使いずらいとかいいながら、LinuxからはSKKで頑張っているのですが(w
今度は話は変ってFreeBSD(98)です。
packageを利用してemacs + cannaのバージョン20くらいのを導入したつもり
なんですが、どうもうまくいきません。

_ うーん。
適当なページを探して.emacsにイロイロってみるも上手くいかない。
まぁ、今のところ、あの端末で日本語の文章書く予定ないから別に大丈夫です
が。

Mar.22,2002 (Fri)

_
■[Linux]navi2chがイイよ!!

_ みなさーん。2chとかは見に行ったりするのでしょうか?
私は正直、よく見に行くのですが。

_ で、ヘビーな閲覧者でWindowsユーザーならば、かちゅ〜しゃなんかを使うと思うのです。
そこで、最近無駄にLinuxに触れる機会が多い私としては、Linuxでもそのようなソフトが欲しいと思ったのであります。
で、探したらありました。

_ emacs + navi2ch !!
うわーん。emacsのマクロだー。
emacsを常日ごろ使っている吾輩としてはとっても嬉しいです。

_ なんでも、キーバインドがwanderlustに似ているらしいので、とりあえず、身近なところから初めてUMAも直にwlにしようかと。。。

[2ch]数学板ってすごいね。

_ で、早速2chに行ってきたわけなんですが、今日はいつもとは違う雰囲気を味わおうと思って数学板にちょっとだけ行って来ました。(普段からそれほど興味のある題材じゃないんだけれども。(w)

_ で、ビビったよ。
だって、さ、他の板だったら
「くだらない質問はここに書き込めPartXX」みたいな感じなのに、
「くだらない問題はここに書き込めPartYY」みたいな。(爆

_ 正直、もう二度と行かないかも(藁

_ っていうか、「ピーターフランクルってどうなの?その2」にばかうけなんですが、何か?(w

Mar.23,2002 (Sat)

[Windows][Unix][hoge]VisEmacsなんて初めて知ったよ。

_ なんか、Meadow(EmacsのWindows版みたいなの)をVisualStudioから呼べるようになるツール(というか、コンポーネント群?)を発見しました。
↓ココ
http://www.aa.alles.or.jp/~sakai/winux/

_ すんげー。うれしい。(マジで。)

_ ちなみに、VisVimってのもあったらしいのですが、今現在は本家との機能を統合して、日本語化されたものがあるみたいです。>gvim

_ あー。でも、emacs系の例に漏れずに、インデントがおかしい。(爆
どうにかなんねえのかよ!!

_ あー。直った。直った。
http://www.boreas.dti.ne.jp/~miyoshi/(手抜き(w)

_ っていうか、漏れってあほだー
Meadowのカスタマイズしながら、徹夜しちまった。(爆
@23日午前9時

_ ちょっと鬱なのは、これをどんなに立派にカスタマイズしても、リモートからは使えないってことかな。(^^;

[Solaris]わかんねーよ。なんだこの端末。

_ 「なら使うなよ。」と言われそうなんですが、何せ、学校で使っている端末がコレ。
で、見つけたページがコレ。
http://www15.big.or.jp/~yamamori/sun/

_ まさに私の思っていることが書かれているわけです。
まさに謎。(w

_ 一体、どれくらいの人がこの端末をカスタマイズしようと考えるのかとっても謎です。(w
とりあえず、バージョンがわからないから、linuxの習慣に習って/etc/issueを見に行ったら当然のごとく存在しないし。(w
で、ヤケクソになって、コマンドプロンプトに"version"って打ってみたらバージョンが表示されちまったし。(爆
なんなんだ。この端末は。(w
ちなみに結果はコレ。


Machine hardware:   sun4u
OS version:         5.7
Processor type:     sparc
Hardware:           SUNW,Ultra-Enterprise-10000
The following components are installed on your system:
Sun WorkShop University Edition 5.0
        Sun WorkShop Compiler C 5.0
        Sun WorkShop Compiler C++ 5.0
        Sun WorkShop Compiler FORTRAN 77 5.0
        Sun WorkShop Compiler Fortran 90 2.0
        Sun WorkShop Tools.h++ 7.0
        Sun WorkShop Standard 64-bit Class Library 2.0 for C++
        Sun WorkShop Garbage Collector Libraries 1.0 for C++
        Sun WorkShop Visual 3.0
        Sun WorkShop IPE 5.0
        Sun WorkShop TeamWare 2.1
        Sun WorkShop FileMerge 3.1
        Sun WorkShop Dbx 5.0
        Sun Performance Library 2.0
        Sun WorkShop Performance Analyzer 5.0
        Sun WorkShop LoopTool 2.2
        Sun WorkShop LockLint 2.2
        XEmacs 20.4 Source Distribution

_ まぁ、コレくらいの情報なら漏洩しても問題ないでしょう(w
って、意図的にばら撒くナ。>ワシ

_ とりあえず、私はlinuxから入った人なんで、cshとかは使いづらくってたまらん。
で、シェルの変更を試みるわけ。とりあえず。
keyaki%bash
bash-2.03$
を、変わったぞ。ちゃんとbashあるじゃん♪
ってわけで、早速、
bash-2.03$chsh
bash: chsh: command not found
もう。アホかと。小一時間(以下省略
な、なんなんだよ!じゃあどうやって変えるんだよ!!
(とか言いつつ、ssh経由で書くのがうざくなったので、meadowに環境をチェンジ(w)
で、調べたわけなんですが、/etc/passwd書き換えてるし。(死(でも、ちょっと笑ったよ(^^;)
ってーと。お前さん。rootじゃないとダメってことかい?(^^;
ひょっとしたら、/etc/passwdも変更できるのかもナ。(そんなはずは無い。)
っていうか、一瞬シャットダウンが出来そうだったので怖かった。
bash-2.03$ shutdown -r now
shutdown: スーパーユーザーではありません。
らしいです。ハイ。(一応-rを付けたのは言うまでも無く、利いてしまった場合に電源を入れに行く手段が無いからです(爆)

_ つまり、現在確認されている範囲では、シェルをスッキリと変更させる手段は無いみたいです。(^^;
それにしても、これだけでも物凄く萎えるのですが。(汗

_ 今日はもうめんどくさいや。
後日余裕があったらもっと調べます。(死

_ 追伸
いま、fingerでログインしてるやつ調べたら、ワシしか居なかったから、一度やってみたかったんだよなー。とか思いながら
echo "殺すぞ ゴルァ" | wall
とかやっても、
bash: wall: command not found
だし。シバクゾ。(ぉ

_ ifconfig打ったら、7枚ものNICらしきものが確認されました。
すげえナ。おい。
(ちなみにパスは通っていないので、/sbin/ifconfigで。)
pingなんかパスが通っていないとか言うレベルじゃなくて、入ってないっぽいのですが。(^^;

Mar.24,2002 (Sun)

The Beatlesの曲でふと思ったこと

_ やっぱ、日本のアイドル事情とかを見ていると、「キャー!キャー!!」なんていう黄色い声を聞いていると「おまえらアホか?」と思えますし、思う権利くらいはあると思うわけです:-)

_ しかし、ですね。
今日、ビートルズをなんとなく聞いていたのですが、あの「キャー!キャー!!」って日本だけじゃなかったらしいことが私の中で明らかになりました。(w
かなーり、ショックでした。(いや、ショック受けるほどの事ではないのは明白なんですがね。(死 )

[FreeBSD]diskinitコマンドなんて知らないっつーの。

_ 以前、FreeBSD(98)をインストールした事をなにげなく書いた覚えがあるのですが、そのときgrub/98みたいな、grubの98版っぽいものもmbr(*1)に一緒にインストールしたのですが、それがカナーリへぼい物らしいことが発覚しました。(というか、当然ながら、自社(NEC)製なので殆ど完璧なブートローダ(起動固定ディスクメニュー?)をデフォルトで搭載していたのにも関わらず、それを上書きしてしまったと言う失態)

_ で、無い知識を絞りだした結果としては、"fdisk /mbr"すりゃ直るんだろうな。うん。
というなんとも甘い考えがあったわけです。
でも、それが何度やってみてもダメ。(何度もやる必要は絶対に無いと思われるのだが。)

_ 調べた結果、diskinitなるPC98用のコマンドがあるらしいことが判り、それをフロッピーから起動した障害機のDOSパーティションから持ってくるという、なんとも不条理な状態に。(w
ハードディスクの初期化はまぬがれそうに無いのですが、これでなんとか大丈夫になるでしょう。

_ いやぁ。それにしてもSKKってFEPがヘボイマシンにて使うと非常に使い易いFEPになりますな。(w
(っていうか、単にCannaとかがおバカなだけなんですが。)

_ で、おもむろにネットワークインストール。
ちなみにftp.itjit.ne.jpとの相性が非常に良いかんじです。
転送率は殆んど限界に近い値が出ていますね。
と思ったらftp.itjit.ne.jpも途中で落ちました。
ってことで、途中からはftp.tokyo.ad.jpに。ここもそこそこ相性が良い。
でも結局パッケージはftp.itjit.ne.jpから持ってくることに。。。うひ。

_ ちなみに最近知ったことなんですが、PlamoLinux(98)は相当だめな部類に入れられてしまうみたいです。
というのも、インストールのときは大丈夫なのにマウントやmtoolsによる、フロッピーディスクアクセスができずに死ぬ。(実体験済み(爆
しかも、私の場合kernel panicでした。普通こんな墜ち方するかよ!?(w
実質FreeBSD(98)とPlamoLinux(98)の二択を迫られるわけなんですが、特に理由が無ければFreeBSD(98)にしておけ。というのが、世間さまと、私の意見になりそうです。

[Linux]超小型のhttpdです。

_ http://www.netsw.org/infosys/www/serverside/server/homehttpd/
おー。小さいし結構使えると思われる。(w


*1: MasterBootRecord OSが一番はじめにロードしに行くような所
Mar.25,2002 (Mon)

[Linux]あー。便利だわ。>windows.el(w

_ なんだか最近いつにも増してunix文化に触れているような気がするのですが、今度はemacsのwindows.elにやられました(w
これ。凄く便利です。Windowsユーザーにその利点を説くとしたら、タブブラウザーみたいなものを想像してもらうのが一番はやいかもしれません。
タブブラウザーというのはあるページを開いたまま、他のページにも浮気でき、前に開いたページはキープすることができるというものだと認識していますが、それをemacsのバッファでできるらしいんですよ。(w

_ 実際使ってみると、これがirchatやw3mとの相性が抜群。
おまけにシェルとも相性がいいかもなー。(爆 という感じでしょうか。

[Windows][Linux]うー。lieceが使えない@Meadow

_ Lieceっていうのはirchatの機能を拡張したようなものです。
irchatでもよかったのですが、どうせなら高機能なlieceの方にしようと心が揺れたわけであります。
で、導入を試みたわけなんですが、見事に失敗。
APELなどを一式インストールしてしまったのですが使い道はないし、アンインストールが難しいわで、結局lieceという名前が付くファイルだけgrepして消しました。
あうー。なんだか気持ち悪いー。
(ちなみにエラーの内容はWarning stringp nilみたいな感じでした。何行目のどことか表示されないし、表示するデバッグモードみたいなのがあったとしても、それを起動する方法を知らない。lispを全然知らない私。ダメじゃん。(^^; )

[Windows][Linux]おー。navi2ch最強じゃん?

_ 今日、sambaでnavi2chのデータを共有することに成功しました。
つまり、Windowsで2chを見るときはMeadowから見れますし、Linuxから2chを見るときは本家のemacsのnavi2chと言った使い方が出来るようになりました。なんて便利なんだー!!
(ちなみに、Windowsのみを使うユーザーならば、xyzzyも十二分にオススメできます。と言うか、多分そのほうが普通。)

_ これで、出先からでもブックマークを保持しつつ、自宅ではMeadowから快適な環境で閲覧できると言うわけですね。navi2chマンセー。(死

[Solaris][chiba-u]SKKの使いやすさに納得

_ お。そろそろ春休みも終ってしまいそうなんですが、近況報告です。
以前、CannaやWnnがあまり使えないということで、kinputからの入力はしかた
なくATOKにしていたのですが、なんらかの理由でコンールに直接入力が必要な
場合はSKKが無難なようです。(w
ちょっと慣れないと使えないのですが、誤変換が少ないし。(仕組みを考えれ
ばあたりまえ。)

_ chatのクライアントとしIRCを選択している人は少くないとおもうのですが、
自宅のemacsとmeadowにLieceを導入しようと考えています。
情報があれば教えてください。(特にmeadowの方)

Mar.26,2002 (Tue)

[Linux]Omoikane GNU/Linux Free2.0に挑戦

_ なにを狂ったのか挑戦してみようと思いました。
で、安定しているにも関わらず、RedHat7.2を消しインストールすることに。@rika

_ インストール自体は極めて順調に進みましたが、どうしてもうまくいかなかったのがgrubの設定。
あまりに複雑なパーティションの切り方をしているために、結局、設定の仕方がわからず、RedHatを入れなおして設定を見るというアホっぷり爆発な手段に出ました。

_ RedHatインストール後
なるほど。メモメモ(死
で、頑張ってみたのにも関わらず、失敗(^^;
もうイイや!!RedHatで。(死
っつーか、どこが悪いのかマジでわからん。設定ファイルはまったくいっしょで、grub-installもした。なのになぜ立ち上がらないんだ?(というか、そういうこと自動でやらないOmoikaneが悪いんじゃ。(死)

_ 一応、フロッピーからのブートは確かめました。結構かっこいいのですがねぇ。。。

_ なんかむかつくので、本家のDebianを取り合えず落としてみようかと。
ftp.belnet.beと相性がいい模様。

Mar.27,2002 (Wed)

今日の寝起きはまじでびびった。

_ 実を言うと、昨日は寝たのが朝の6時って言う普通の人にはどう考えてもありえないような時間に寝たのですが、起きてみると時計の針は(感覚的に)2分くらいしか進んでないし、その割には、体の疲れも眠気も全く無いと言うすばらしい状態だったのです!私はてっきり妖精かなんかが、体の疲れを取ってくれたのではないかと思ったほどです。(w

_ で、ちょっとして分かったことだったんですが、午後の6時まで寝ていたんですな。(爆
へー。今の時期、朝の六時と、午後の六時ってマジで同じくらいの明るさなんだなー。って感じで。(死

[Linux]Omoikane GNU/Linux挙動おかしいってば。(^^;

_ 自宅のマシンの話なんですが、導入二日目にして、何か挙動がおかしい。
startxでX Windows Systemを立ち上げたのにも関わらず、ウィンドウマネージャが表示されないという不具合が確認されました(w
なんだか気持ち悪いのでもう使わないことにしようかと。
結局Debian導入するんだったら本家のやつが一番ってことになるのではないでしょうか。

[hoge]Squeakの挙動はちょっとおかしい?

_ って、今日はそういうネタばっかりなんですが、最近愛用しているプログラミング言語のSmalltalkのパッケージ物のうちのひとつである、Squeakの挙動が最近ちょっとおかしいように感じられます。
(と言うよりは、マルチタスクな動きをしていないような感じ。)
やたら、CPUを拘束しているように感じられるんですよねぇ。キャプチャーカードでオーバーレイ表示しているんですが、それすらもコマ送りになっているように感じられます。(普通、こんなことが起こるのはCD-Rを焼いているときのリードインやリードアウトと呼ばれる工程のときぐらいなんですが。日ごろするような文書を書いたり、プログラムを書いたりと言う時にはあまりCPUをロックされていないと思われます。(コンパイルするときは単純に考えて、結構コマ落ちしますけど。))

_ そんなわけで、今現在、チューナーでテレビを見ているためにSqueakせずに、日記を書いているわけです。(w

_ Squeakやるならここで。
http://www.mars.dti.ne.jp/~umejava/smalltalk/squeak/

Mar.28,2002 (Thu)

[FreeBSD]よく分からないから、再インストールしちゃったよ。

_ LinuxやFreeBSDってのは意外とWindowsやDosユーザーのことも考えられていて、(Windows側はLinuxやFreeBSDなんて知ったこっちゃ無いって感じですが。)FATのパーティションがマウントできたりします。(要するにFreeBSDなどからでもWindows9Xが入っているようなドライブなら読み書きもできると言うこと。カーネルのバージョンにもよるのですが、Linuxだとオプションつけてカーネルを再構築するだけで漢字も大丈夫になったりします。)

_ かなーりありがたいこの機能なんですが、私が扱っているFreeBSDでは何気に一番読みたいデータ用のドライブが読めない状態になっていたりします。
あー。多分インストールするときに二台目までのドライブにインストールできるカーネルを利用したからだろうなー。って感じで察しをつけて、カーネルの再構築すれば読めるんじゃないかな、なんて思ったわけなんです。
で、実際カーネルの設定ファイルの雛形(たぶん、現在インストールされているカーネルの設定そのままだと思うのですが)を見たら、案の定IDEの三台目以降は使えない設定になっていました。
そこまでくると話は早いですよね。三台目のドライブの部分のコメントアウトを外してあげて、再構築しに行くわけなんですが、どうもうまくいかない。if_sis.h(忘れた。適当です。ちなみにsisってのは今使ってるネットワークカードのチップ名なんですが。そんな感じの名前だったと思う。)だとかなんかが紛失済みらしくて、再構築できませんでした。(^^:
なんでだー!!ftpインストールでフルインストっていう世にも無駄なことやってあげたのにー!!(*1))
問題はなんだか複雑そうなので、とりあえず、カーネルの再構築はあきらめることにしました。(根性ねー!!)
結局とった策といえば、4台目のハードディスクまで使える設定になっているカーネルでブートできるセットアップディスクで再インストールっていうなんとも初心者チックなことに。(w

_ 今現在使えてるから別にいいけど。(^^:

[Linux]FD-Sambaって便利そうだなぁー。

_ なんだか、最近また1FDLinuxがなんとなく流行ってる様な気がしますねー。(*2)

_ で、最近見つけたものの中で便利そうなものがいくつか。

_ いや、レスキューディスクはRedHat7.2の一枚目のCD-ROMが替わりになるんで、まぁいいかな。と。
VPNは今のところ実用的な用事が無い。
で、残すところのSambaなんですが、コレが今のところ導入の余地がありそうなものなんです。

_ なんでかって言うと、仕事で扱ってるsamba立てたいマシンがRedHat6.2のマシンなんですが、コレが曲者で、なんだかrpmでコケまくる。(^^;
挙句の果てに、su;make;make installしても、/etc/rc.d/init.d/smb startでexecvp(だったか?)が無いとかでコケる。
とりあえず、コケる。(^^;
で、どうにもならんので、放置していたところ、この1FDLinuxを見つけたわけです。
まぁ。コレくらい小さい組み合わせで動いているなら、バイナリと相性がよければ、そのままコピーしてうごかねぇか?と思ったしだいです。

_ で、今さっき、試そうと思って、ddコマンドでフロッピーに書いてやらないと。とか思ってたのですが、よくよく見ると、cygwinにdd.exeなんていうのがあったりしたわけ。
で、試しに書いてみたんですが。(*3)

_ なんかめんどくさいのでそのうちddコマンドで書いたら報告します。(死


*1: 「えっ!ftpインストール?時間かかりすぎるだろ!」って思う方も居ると思うのですが、FreeBSDの場合、OSのインストールとパッケージのインストールは全く別のものとして構成されていて、やろうと思えばemacsはおろか、bashもインストールされません。さすがにviはインストールされているけど:-
*2: 「はぁ?何言ってんの?セットアップ用のブートディスクって1FDLinuxでしょ?PlamoとかSlackwareのなんて典型的な1FDLinuxじゃん。」なんて言う方もいらっしゃると思うのですが、この日記の著者もそんなことは知っているので、突っ込まないでね。
*3: ちなみに、/dev/fd0にあたるのはa:\と書くみたいです。a:だと変な動作を起こしました。(w
Mar.29,2002 (Fri)

[hoge]hoge企画終焉?

_ と言うか、アンカーだけでやっていくのってやっぱりつらいと思ったわけです。
なので、何かよいことが書けたら、別のページに特別に記したいと思います。(何かよいページが書けたら。の話ですが。)

サークル紹介@32(今日(3/29)提出する予定のサークルの部誌の原稿Part1です。)

_ サークル紹介@32
私が考える。サークルとは。
ちなみに、本サークルは医用電算機研究会(だったっけ?)という名前らしいのですが、その正式名称とは関係なく、普通のサークル活動をしています。(ある意味、ダメなんじゃ?)
主な活動は

パソコンに関する知識@32(今日(3/29)提出する予定のサークルの部誌の原稿Part2です。)

_ パソコンに関する知識@32
簡単なパソコンの使い方について語ろうと思うのですが、マニアックなことを語ってもしょうがないので、ある程度普通なレベルで。

[hgoe]Smalltalkはプログラミング界の日本語だと思った。

_ 前々から、その柔軟な記述などから、なんとなく「日本語に似てるような気がする。」と思っていたのですが、その思いがまた一段と確かなものになりました。

_ if文の書き方なんですが、
普通はif(条件式){評価式}なんですが、(条件式) ifTrue[評価式]って形になってます。これって感覚的に日本語に似てるようナ。。。
普通のif(条件式){評価式}を和訳すると、「もし条件式ならば、評価式を実行。」なんですが、それよりはむしろ、(条件式) ifTrue{評価式}の「条件式のとき評価式を実行。」の方がしっくりするようナ。。

_ って、自分で書いててよくわからなくなってきた。(死
とりあえず、Squeakは便利で、とっても扱いやすいです。私はVisualWorksよりもこっちのほうがなんとなく好きです。


*1: 番外編:サークルにある蔵書がかなーり勉強になる本だと思います。さまざまな分野の本があります。非常に個人的で、意味不明な話になるのかもしれないのですが、「はじめて読むMASM」「FreeBSDを256倍楽しむ本」「ヤングマガジン」がとっても役に立ちました。(最後のはちょっと嘘)
*2: 正規表現風なり。(w
Mar.30,2002 (Sat)

[FreeBSD][Solaris]どうなってんだよ?学校の端末

_ なんだか非常に疑問に思えました。
なぜかというと、今日、FreeBSDに日本語が使えるように設定しようと思ったのですが、(というか実際にしたのですが。)どうもemacsの場合は特別なモジュールとして起動しないと日本語が扱えないことになってます。(emacs-dl-cannaだったかな?ちょっと忘れぎみなんですが、そんなかんじの名前で立ちあげる必要があるらしいです。(リンクはれや。とかそういう話は無しで。案外そういうの嫌いなんです。))

_ muleは普通にeggとかっていうcanna用のソフトが一緒に立ち上るようなかんじになっているので、なんの疑問もない。

_ でLinuxってのはUnixじゃないってことになってますし、独自の拡張がうりみたいなもんですから、emacsで実行できても全然ビビらない(ビビりようがない。)のです。

_ が、「学校の端末も普通にemacsからcanna呼べたきがする。」とおもってやってみたら、やっぱり呼べる。(w

_ うー。わからん。そういうもんなんだろうか。

[Linux]edについて調べようとしたのですが。。。

_ なんでも同名の病気があるみたいで、どうも邪魔をする(w(居ないと思うのですが、病気にかかってる人すみません。)
eeも覚えなきゃかなー?なんて思っていたのですが、それは単なる思い違いでeeはかなーり簡単なインターフェイスを持っていました。@FreeBSD

_ edはどうなんだろう?と思ったのはそんなことがきっかけ。(若干意味不明だ。)

_ いやー。笑わせてもらいました
http://www.unixuser.org/~euske/memo/2001/3.html
edは標準ってことで。。。

Mar.31,2002 (Sun)

[FreeBSD]今日から無駄にFreeBSDに日記を完全移行

_ なんかとっても経済的なんですよねー。
だってさ、PC-9821って意外(でもないんだけど、)作りが丁寧。
清音ですし。静穏ですし。整音です。(死
とりあえず静かなんです。--->PC-9821

_ それにセキュリティの面でもしっかりしてるみたいです。--->FreeBSD(*1)
殆ど何も余計なものがインストールされない状態でした。(*2)

_ でもまだフィルターの部分(*3)をインストールしてないんだよねぇー。(*4)

[FreeBSD]にほとんど完全に移行

_ ちょっと頑張ってしまいました。(^^:
まぁ。おおよそ予想出来そうな範囲でのエラーはあったものの、大抵はWEBなんかを見つつ解決しました。
ただ、一つ納得が行かなかったのが、日記のインデックスを作成するためのmknmzコマンドを実行しても、Text::Chaseがどうとか、っていう感じのエラーを吐いて、それに一生懸命対処していたのですが、ログオンしなおしたら、直ってしまいました。(^^;
あー。マニュアルにも。んなこと書いてない気がするし。一体なんなんだ!!っていう状態(まぁ、解決したんだろ?と言われると、その通りなので、なんとも言えんわけですが。)

_ あー。これでもうDynamicDNSの登録先をFreeBSD(98)に変更できるね。
どうせリブートしても殆んどIPアドレスなんて変化してないし。
(この98マシンは何気にWindowsのサーバ(*5)としても稼働できるようになっているので。)

[Windows]すげー。WindowsXPのtelnet?

_ よくわからないんですけど、codesetの設定とか全く行わなくてもtelnetでログオンできました。
ひょっとしたら、FreeBSDのネゴシエート機能(?)が凄いだけかもしれないのですがね。(死

namazuのマニュアル大嘘つき!!

_ 詳細は後で。とりあえず。寝ます。(徹夜空けの午前11:30です。寝むくて死にそう。)

_ 寝ました。(藁)(*6)
で、詳細を語ろうと思います。

_ 午前9:00くらいに一通りの設定を終えて、まぁ、そのまま寝ればいいものをnamazuの導入も済ませておこうと思い、packageのインストールをしました。
で、何度かのトラブル(*7)を解決しつつ、設置完了。

_ 動作確認のために、Windowsのクライアントからアクセスしてみると、どうも文字化けが激しくてうまくいってない。

_ で、マニュアルの文字コードの部分を見にいったんですが、そのマニュアルによると、mknmz(*8)の起動時オプションに--index-coding(*9)というオプションがあり、それは"-L="と同値である。と書かれていたのです。"-L="と。

_ で、mknmz -L=ja ...
ってかんじに指定してあげたんですが、それでも上手くいかない。
これだけで二時間くらい使ってしまったような気がするのですが、それでも解決せず。
あげくのはてに出た解決策がVineLinuxと全く同じ設定にすりゃあ直るだろ。
というものだったのです。

_ そのときに役に立ったオプションが-Cというものです。
-Cを足すことにより、インデックスの作成は行わず、その代りに現在の設定を表示するという機能を持っています。

_ これを利用してオプションを調べていったのですが。。。

_ Vineで
言語:ja
となっている部分があったのですが、
FreeBSDがわでは
言語:=ja
ってなってたんです!!

_ これに気づいた時にはマジでnamazuのドキュメントっていい加減なんじゃないか?と思いました。(*10)
つまりは"-L="ではなく"-L"じゃないかと。
で、最後の望みをたくして変更してみると、やっぱり上手くいったというなんともマニュアルの糞っぷりがわかる事態に。(*11)


*1: そのせいでインストールするのが大変だったという噂があったり無かったり。そのおかげでデフォルトでインストールされる日本語FEPがSKKのみだったので、これは非常に助かりました。なぜかと言うと、これだけでも、とってもemacsの起動が早くなる。もう、Vineのemacsときたら、起動が遅い!!マジで最近のユーザーしか相手にしてないみたいです。
*2: ディスクスペース的にかなり余裕があります。
*3: nDiaryって言うやつなんですが、Rubyで動いているみたいです。
*4: まだ公開ということをしていないので、エクスポートしても単なる自己満足なんですが。おっと、失礼。公開しても単なる自己満足でした。(死
*5: サーバと言っても、AN HTTPDとかって言うフリーソフトでやってましたが。
*6: 現在3/31午前2時
*7: 単に設定ファイルをきちんと書くのを怠っていただけなんですが。
*8: インデックスを作成するソフトの名前です。
*9: だったと思う。
*10: 多分、気のせいじゃないけど。
*11: っていうか、自分が被害にあったからちょっとむかついてるだけなんですが。