32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2009年
11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2009-11-30 (Monday) [長年日記]

[Web][JavaScript][Ruby] Watirを使ってブラウザにJavaScriptを評価させた内容をブッコ抜く方法

釣りタイトルっぽいけど、このWatirっての便利です。Internet Week 2009のBoFで紹介されていました。「うぉーたー」と読むそうです。

今回はJavaScriptをブラウザで評価してその内容を取り出すというサンプルを作成してみました。

1. Watir をインストール

今回は rubygems に含まれているパッケージを使います

# gem install watir

2. JSSH拡張をインストール

FirefoxとWatirがプロセス間通信するために必要なようです。 こちらのサイトでインストールしましょう。

http://wiki.openqa.org/display/WTR/FireWatir+Installation

3. あらかじめ認証などをしておく

Twitterに投稿するサンプルコードを書いてみました。 認証の部分も Watir で記述することができるのですが、場合分けなどが面倒ですし、Watirの本質ではないので今回は扱いません。あらかじめTwitterの認証をしてクッキーを食べさせといてください。

4. コーディングする

勝手にブラウザが開き、お顔☆メーカーで顔文字生成したかと思ったら、Twitterにジャンプして投稿し、ブラウザが終了するというものすごくキモいコードができました。 Windows環境で動作確認していますが、ほかのプラットフォームでも動くんではないでしょうか。

はて。助長するわけではないですが、JavaScriptで難読化だぜぇー!みたいなメールアドレスはぜんぶブッコ抜ける気がしますね。はい。 BoFではドキュメントが充実していないと言われていたような気がしますが、日々荒波に揉まれているプログラマにとっては十分な量のドキュメントだと思います。ありがとう、Watir!!

本日のPingbacks(全0件)