32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2009年
9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2009-09-23 (Wednesday) [長年日記]

[Mac][UNIX] ls ~ @ MacBook

ひぐらしのこと思い出しながらアニメのひぐらしみてたら、既存の情報量から増えたモノはなかったので途中で見るのやめた。レコーダー掃除するのも面倒だな。←とくに関係ない前振り。

"ls ~" が流行っていたことを思い出してやってみた。

carbon:src takano32$ ls ~
Applications		Pictures		lib
Desktop			Public			local
Documents		Sites			opt
Downloads		archives		src
Dropbox			bin			tmp
Library			contestapplet.conf	var
Movies			contestapplet.conf.bak	workspace
Music			howm

うっわ。つまんね。 いつかサーバでやってみたいと思います。 が、 "ls ~" する前に掃除してしまいそうだなぁ・・・それじゃ意味がないだろうに。

[C/C++] std::map の復習

C++言語はスゲー言語なんだけど、なんというか、拡張子をcppにして worse C として使う人間が絶えず、とても残念だと感じる。 これはたぶん、自分の観測範囲での業務がこのような残念なことになっているだけなんだろうが。

個人的にはC++言語の本質的な部分はそのプリプロセスから生じた概念だと考えている。 具体的には template 機能なぞがすばらしいもので、STLはその中でも凡人どもが使いやすいように整備されており、とてもよいものだと感じる。 ただ、処理系ごとに実装方法が異なる部分があるため、C言語族特有の底までダイブして構造を活かしたコードの記述をするとすぐにバグるのは どうにかしたいような気がするけど、そもそもSTLとか使う時点で処理系ごとに異なる部分に手を出してはいけないんだろうなぁ。

閑話休題。 std::map について復習したので断片を貼り付けておく。 std::map#{insert,empty,begin,end}, std::map::{value_type,iterator} くらいしか使っていないが・・・ std::map#front とかなくて戸惑ったのは秘密だし、iteratorをっぽく使ったコードのほうが 復習のサンプルとしては適しているのかなー。

あとは枝狩りするときに std::set が便利そうなので使いこなせるようにしておきたい。

[Diary] なぜこんなに最近の日記は長い文章が多いのか

[オフライン and: 書きたいコード書くには環境が不十分] ifTrue: [
    たまには日記書く.
]

今日からは比較的オンラインなので、まぁ、そこそこの量と頻度に戻ります。たぶん。

本日のPingbacks(全0件)