32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2007年
6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2007-06-15 (Friday) [長年日記]

[Work][Life] 暇じゃNEEEE!!

今日は全力で仕事をして,定時きっかりに帰ろうとしてみた. そうしたところ,ちょいとえらい人から「今日は暇だったの?」とか聞かれた.

全力でがんばったのに勤務時間の長さ以外では評価されない... しかも,これは微妙にサービス残業せよという圧力だろうか?

(後半は省略されました.)

[jus][Life] 会議 と 実家

その後,ダッシュで都内の会議へ出席.

そのまま実家に帰る.

そして,親が調子が悪いといっていた電話とインターネットへの接続を調整した.もうね,インターネットとはLa Foneroを一台だけつないで,他はUSB無線NICなどでぶら下げることにしたよ. Webするくらいならこれで十分だな.

...

電話は親機の電源が入ってなかっただけでしたwww

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]
136 (2007-06-16 (Saturday) 09:55)

今、僕がいる部署は逆で、残業してたら(本人か、あるいは管理者が)出来ないやつだと思われる感じみたい。<br>仕事環境って上長次第だよなあ、と思う日々。

Rocco (2007-06-16 (Saturday) 20:48)

「できる」ことを見せることも重要ですが、見せちゃうと仕事が増えるだけですから。(苦笑)<br>残業時間だけで評価する上司もいますけど、私は反対です。<br>でも、残業することで、普段できない業務 (う〜ん、製造業だと製造の邪魔ができないから、現場が比較的空いている時間に仕事をスムーズにするというのも必要悪なんですよね) をスマートにこなすことも場合によっては効率化のひとつだと思います。

takano32 (2007-06-16 (Saturday) 23:07)

> 136さん<br>実は直接の上司からの発言ではなかったので,まだ希望は残っています.ですが,組織への不信感は拭えません.大丈夫なんだろうか?<br><br>> Roccoさん<br>サービスイン直前の残響など,意味のある残業なら納得なんですが,頭脳労働においてだらだらと残業するのは逆効果だと考えています.<br>「ゆとりの法則」の内容を上手く伝えることができれば,と思うのですが...ボクには立場的にも荷が重いですね...

Rocco (2007-06-17 (Sunday) 00:34)

「世の中に不満があるなら自分を変えろ。それがいやなら耳と目を閉じ口を噤んで孤独に暮らせ。」と某少佐は言っておりますが、宋文洲のように「つらい現実を変えるか、つらいと思う自分を変えるか、逃げ出すかやめるか。解決策はその三つです。」と現実を変えていくのも方法です。<br>ちなみに、私は「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」と意見を聞かない上司を無視していますが・・・。(苦笑)<br>ただ、社則以外にも、部署のローカルルールがあり、それに従うことも必要な場合があります。それに従うことも社会人としては必要な場合もありますよ。社内のいろんな人の意見も聞いてみましょう。

takano32 (2007-06-17 (Sunday) 07:41)

アドバイスありがとうございます.<br>ボクはといえば,つらいと思う自分を抑えつつ,つらい現実を変えたいなぁというスタンスで考えています.<br>いろいろな人の意見もこれから聞いてみたいと思います.と,同時にルールに従うことで発生する人生のリスクについても考えていかなければならない,と切に感じています.

本日のPingbacks(全0件)