32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2007年
5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2007-05-24 (Thursday) [長年日記]

[Life][mixi]開始に間に合わない…

キエェー!!

すみません、どう頑張っても19時14分に秋葉原着です…

Kahuaのインストールが解説し終えるくらいまでに到着できればいいなぁ…

[Lisp][Hack][Web][jus] 「Kahuaプログラミング入門」as jus勉強会

行ってきました. 出席してくださった方々,スタッフの方々,講師の備前さん,おつかれさまでした!

インストールだけして,チュートリアルなどはあまり読まずに臨みましたが,なんとか着いていくことができました.

今日はもう夜も遅いので,適当にメモ程度に感想などを書いておきます. (ボクが書く予定となっている)詳しいレポートが読みたい人はjus会員になるがいい!!(ぶ

開発環境の充実

開発環境,というかEmacsのM-x run-kahua-shellがすごすぎる. まるでEmacsにS式を評価させるようにKahuaにS式を評価させることができる. 動作中のアプリケーションの定義を変えるなども容易です.

もちろん,インデントと括弧の対応付け表示も重要ですな. むしろ,ボクみたいなヘタレLispプログラマはこの機能がないとお話にならない.

あと,「誰かがブログで21.4のEmacsではkahua.elが動かないと紹介していた」とこの日記もちょびーっと話題になった.わっほい!

継続渡し

継続が理解できないと今回の話は面白くないです.

以前,真面目に勉強したけどわかんなかった,という人はエミュレータのステートセーブでも想像してみねぇ.

  1. URLに応じてアプリケーションや継続エントリを探す(ロムのロード)
  2. 変数を束縛して継続エントリを呼び出す(セーブスロットから状態を読み出し,ゲームスタート)
  3. 継続で処理を行い,レスポンスを返す(ゲーム画面を描画する)
  4. 処理の最後に永続クラスを保存する(ゲーム画面が描画できたらクイックセーブする)

なんとなくイメージしやすくね?

シンプルな設計

Kahuaはとても見通しがよいですね. どこで何が行われているかよくわからない巷のフレームワークとは大違いです. 端的に言ってモデル,ビュー,コントローラをくっつける仕組みと状態の管理の仕組みしか用意されていないのでわかりやすい.

面白い

それに,楽しい. 世間の注目を浴びているような脂の乗り切ったフレームワークは金にはなるがおもちゃにはならない.すでに作るのが楽しい部分は作られてしまっているからね. 対してKahuaはいま,絶好のおもちゃだと思う.

でも,設計思想としてシンプルなものを目指しているということなので,新しくKahuaの上にのっかるフレームワークを作ってもよいかもしれません. ちょうどZopeとCMFのような関係のやつね.

本日のPingbacks(全0件)