32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2006年
12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2006-12-16 (Saturday) [長年日記]

[Emacs][UNIX] shell-command-on-region

Emacs で外部コマンドの結果を貼り付けたいときには shell-command-on-region が便利です.

デフォルトでは M-| に割り当てられており,カレントリージョンの内容を外部コマンドの標準入力に渡して実行します.

C-u M-| とすると上記に加え,カレントリージョンを結果で置換してくれます.

[Debian][Apache] Apache 2.2 on Debian

Debian Etch に Apache 2.2 が降りてきたときのメモです.

suEXECの再インストール

ソースのダウンロードと suEXEC の make

# mkdir apache2.2-common
# cd apache2.2-common
# apt-get source apache2.2-common
# cd apache2-2.2.3
# ./configure \
    --enable-dav \
    --enable-so \
    --enable-suexec \
    --with-suexec-bin=/usr/lib/apache2/suexec2 \
    --with-suexec-caller=www-data  \
    --with-suexec-userdir=public_html \
    --with-suexec-docroot=/home \
    --with-suexec-uidmin=1000 \
    --with-suexec-gidmin=1000 \
    --with-suexec-logfile=/var/log/apache2/suexec.log
 # make suexec

オリジナルのバックアップと新しい suEXEC のインストール

# cp /usr/lib/apache2/suexec /usr/lib/apache2/suexec.org
# cp support/suexec /usr/lib/apache2/suexec

AddDefaultCharset のコメントアウト

/etc/apache2/conf.d/charset に AddDefaultCharset が書かれているため,いくつかのファイルで文字化けを起こすようになった.元に戻すため,コメントアウトしました.

# AddDefaultCharset UTF-8

authz_user モジュールの追加

認証のモジュールが細かく分割されたようです. ボクの環境では既存の認証を機能させるために, authz_user というモジュールを有効にする必要がありました.

# a2enmod authz_user

Apache の再起動

設定を終えたら最後に再起動

# /etc/init.d/apache2 restart

以上でいままでの機能は動いているみたい. しかし,最近たまに刺さるようなんですが,これはなんでだろう...?

[Plagger][Fedora][Linux] Plagger for Fedora Core 6

Plagger の rpm がある worepo が使えなくなったので,無効にしていたんだけど,サイトを確認してみたら Fedora Core 6 向けにリリースされURLが変わっていただけという罠.

/etc/yum.repos.d 以下のファイルを入れ替え, yum update done.

本日のPingbacks(全0件)