32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2006年
1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2006-01-12 (Thursday) [長年日記]

[Media][Life] catch 22

昨日,はじめて知った英語の慣用的表現. "catch 22" で 意味は「どうにもならない状況」とか

どうしてそんな意味なのかサッパリわからなかったが, Wikipedia で納得.

英語圏では、ジレンマ、パラドキシカルな状況を、 「キャッチ=22」「キャッチ=22的状況」と呼ぶことがあり、 いくつかの辞書では慣用句のひとつとしている。

これは、本小説全体のムードと併せ、 特に小説中の軍規22項の運用、例えば、 狂気に陥ったものは自ら請願すれば除隊できる。 ただし、自分の狂気を意識できる程度では まだ狂っているとは認められない、としたものから来ている。

一瞬,脳裏によぎったアタック25はまったく関係なかった.

本日のPingbacks(全0件)