32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2004年
7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2004-07-18 (Sunday) [長年日記]

今日,千葉テレビで茂原工業高校と東海大浦安高校の甲子園予選を放送していた.

そこで,茂原工業高校の帽子に書かれていた「茂工」という二文字を目にして,茂工→モ工→萌え!!キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!とか考えてしまった.

ボクは今日もふつー*1の人間として生活している.

*1 ふつー:≠普通

[Linux] MS-DOSを利用してHDDからインストール

たいていのLinuxにはMS-DOSからloadlinというブートローダを利用してインストールを開始する方法が用意されている.

その場合,多くのディストリビューションでは起動用CD-ROMの一枚目にあるDOSUTILSなどのディレクトリをそのままMS-DOSで読める領域にコピーすれば準備が完了する.

しかし,Debianの場合,特にbf2.4のフレーバを使う場合はそのようなものが予め用意されていないため,少々苦労する.自分で必要なディレクトリなどを選定しておく必要があるからだ.

そろそろ自分のノートパソコンのOSをクリーンインストールしようと思ったので,その構成についてのメモを残しておこうと思う.

./woody
#current/bf2.4→./woody/bf2.4
./woody/bf2.4
./woody/bf2.4/drivers.tgz
./woody/bf2.4/install.bat
./woody/bf2.4/kernel-config
./woody/bf2.4/linux.bin
./woody/bf2.4/README.txt
./woody/bf2.4/tftpboot.img
#current/dosutils→./woody/dosutils
./woody/dosutils
./woody/dosutils/loadlin.old
./woody/dosutils/rawrite2.exe
./woody/dosutils/rawrite2.txt
./woody/dosutils/setlang.bat
./woody/dosutils/loadlin.exe
#base-images-current/basedebs.tar \
#            →./woody/basedebs.tar
./woody/basedebs.tar
#current/images-1.44/bf2.4 \
#            →./woody/images-1.4/bf2.4
./woody/images-1.44
./woody/images-1.44/bf2.4
./woody/images-1.44/bf2.4/README.txt
./woody/images-1.44/bf2.4/driver-1.bin
./woody/images-1.44/bf2.4/driver-2.bin
./woody/images-1.44/bf2.4/driver-3.bin
./woody/images-1.44/bf2.4/driver-4.bin
./woody/images-1.44/bf2.4/kernel-config
./woody/images-1.44/bf2.4/rescue.bin
./woody/images-1.44/bf2.4/root.bin

ここで示した構成は最小の構成ではないが,このような構成を作ってあげればよい.

各ファイルはftp://ftp.debian.or.jp/debian/dists/woody/main/disks-i386/の下などから持ってくる.(詳細なパスは行頭が#の行に記した.)

最後にloadlinの最新版をftp://elserv.ffm.fgan.de/pub/linux/loadlin-1.6/update-1.6cから取ってきて./woody/dosutils/loadlin.exeに上書き*1し,install.batのコメントアウトのうち,最終行を有効にします.

これで準備完了.あとはなんらかの方法で生のDOS*2を起動し,install.batを実行してあげればインストーラが立ち上がるはずです.

参考:Debian GNU/Linux スレッドテンプレ - CD-ROM や FD なしでインストール

*1 上書き:今回の例では古いloadlin.exeをloadlin.oldとしてリネームしてからコピーしています.

*2 なんらかの方法で生のDOS:ちなみにうちのLibrettoではノートンゴーストでWindowsを復旧するモードがあるんですが,そのノートンゴーストを起動直後にCtrl + Cをして中断してやると生のDOSに降りることができる.これでCD-ROMドライブもFDドライブもなしでLinuxをインストールすることができるというわけ.

本日のPingbacks(全0件)