32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2004年
7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2004-07-09 (Friday) [長年日記]

う〜ん,来週さえ乗り越えれば,あとは緩やかな予定になるなぁ……

[Diary] slashdot.rb公開

tDiaryのプラグイン,slashdot.rbを公開しました.

tdiary-usersのプラグインの紹介にも反映させていただきました.

内容としてはくだらんかもしれませんが,役に立てばいいなぁ.とか思ったりしてね.

[Java][Work] Samba meets Tomcat!!

ちょいと前からServletを使うプロジェクトに本格的に取り掛かっている.

TomcatのautoreloadはWEB-INF/lib/*.jarに対して無効であるため,「jar作成→アップロード→tomcat再起動→tomcat落ち着くまで待つ」という工程でデバッグしていた.

こりゃぁ不快.と思い,しばらく考えた挙句,思いついたのが「Sambaでwebappsディレクトリを共有して,classesディレクトリに*.class作ってあげればいいじゃん.」ということだったりする.我ながらなかなかの名案だ.

おもむろにaptをインストールし,セキュリティホールを塞ぎまくりつつ,Sambaインストール./usr/local/tomcat以下を共有.でもって,smbdがroot権限で立ち上がるの巻.よい子は真似しちゃいけません.(ぶ

で,build.xmlを作っていたので,*.classの出力先を\\hoge\tomcat\webapps\fuga\WEB-INF\classesなどに指定.

...

autoreloadキター.超便利.もはやダブルクリック一回が先ほどの作業と同じ意味をもつわけだ.

他にも個人的に「こりゃぁ,プロジェクトの後半でまずいだろ〜」という部分についていくつか努力した.

プロジェクト自体の生産性を上げる作業は初期段階だからこそ必死にやったほうがいいかと思い,いろいろと作業.今は成果が見えるものではないが,後半で効いてくるはず.

まぁ,人はそれを現実逃避と呼ぶかもしれませんが.(ぶ

ちょいと残念だったのは,javaccで書いておけばかなり簡潔になりそうな部分があったこと.javaccの使い方を最近知ったので,なおさら悔やまれる.この部分については最初に戻って修正するほどの余裕は無いだろう...

本日のPingbacks(全0件)