32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2004年
3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2004-03-19 (Friday) [長年日記]

ぷらっとホームからいろいろ到着しました.

以下,詳説.

[UNIX] FKB8530-T701

実は,Happy Hacking Keyboard 無刻印モデルにとどまらず,こんなキーボードも同時に購入してしまいました.(ちょっとヤリ過ぎ?

いや,でも安かった(\3K)しね.何よりレビューがすごかった.特に「富士通高見澤コンポーネント社製」という文句に惹かれてしまいました...

使ってみるとかなり打鍵の感じはよい.エルゴノミクス特有の張り(?)と浅い底打ちで疲れません.(気分的に(ぶ

実際に疲れないのかはしばらく使ってみないとわからんなぁ.(ぉ

唯一,感じる不快感としては,エルゴノミクスで使っているときはBを右手で打てないことですか.NetHackの左下移動然り,Emacsの後退然りUNIXerは右手の人差し指でBを打つに違いない!と,マジに思うわけですが,どうなんでしょう.

で,このキーボードを研究室かバイト先のどちらに持っていこうか,ということでかなり悩みました.(自宅は当然Realforce101)

結局,「ペアプログラミングするときなどにはフルキーボードが不可欠だろう...」と考え,バイト先に持っていくことにしました.エルゴノミクスは不要だがな.(ぶ

よって,今まで使っていたHappy Hacking Keyboard Liteはそのまんま研究室行き.まぁ,研究室の机にはエルゴノミクスキーボードはちょっとでかいしね.

そんなわけで,現在,バイト先の私の机の上にはイビツな形をした物体が置かれています.一見さん歓迎中.(ぶ

[Ruby] プログラミングRuby―達人プログラマーガイド

そして,なぜかキーボードと同時に注文したのがこの本.
分厚いので持って歩くことはあまり考えたくないです.

まぁ,ここだけの話,注文したときは積読になるんでは?という,激しいヨカンがありましたが,買ってみるとそうでもない.

やはり,良書だからだろう...にしても,こういう良書を読んでいる最中,読んだ後は自然とRubyでプログラミングしたくなるなぁ...

しかも,中規模で美しいやつを書きたい気分.この微妙な欲求をどうにかしたい.

本日のPingbacks(全0件)