32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2004年
2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2004-02-12 (Thursday) [長年日記]

[Net] .orz

ふと思った..orzドメインがあったら,なんか,気分いいぞ.とか.

nullpo.orzとかutu.orzとか.なんか,夢が広がるよね.(嘘

deadline.orzとかはマジで憂鬱になりますな.考えなかったことにします.(ナニ

[Windows][C/C++] SharpDevelop-jp

GPL C#キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

#日記のカテゴリーがC/C++になっているのはこちらの都合です.お気になさらず.(w

今まで知らなかったのですが,Microsoft以外からのC#開発環境ですよ!

しかも,GNU Public License!!スプラッシュスクリーンもGnomeとかっぽい感じでかっこいい.

さっそくインストール方法*1を見て使ってみた.

メニューからファイル>新規作成>コンバインでコンソールアプリを作るように指示してプロジェクト名を入力すればprintfでのHelloWorldと同じようなコードが出力される.

噂に聞いたとおり,見た感じJavaとほとんどかわらんな.

まぁ,それはいいとして,GUIアプリを作ってみようと思ったのですよ.そこで,WindowsアプリケーションでHello Worldを参考にして,HelloWorldのかわりに「バグはありません」というメッセージボックスを表示してやったらさぞかしシュールだろうと思ってやってみたのですが…

*1 インストール方法:インストール工程にDirectXのインストールが含まれるということはDirectXも使えるんだろうなぁ.なんかワクワクだ.

文字化けしてるネィ.

バグってるってば!

まさか,「バグはありません」ってメッセージ自体が化けるとは…なんか,予想外にシュールに…

その後,メニューからツール>オプション>テキストエンコーディングで日本語SJISに文字コードを変更してあげたらふつーに表示されました.ツマラン.(ぉ

とりあえず,この環境を使って普通のものを一本作りたいなぁ.

.NET Frameworkは必要かもしれないけど,高級な言語で*.exeが作れるというのはデカイな.>C#

[Java][Work] Java Web Start

(↑アンカーにしたかったんですが,適当なリンク先が見つかりませんでした.Googleとかで検索してください.)

スゲー

(ちょっと)感動した.

どういうものかといいますと,WEB経由で簡単にJavaアプリを配布できるというもの.> Java Web Start

実際に動いてるところを見てみました.(仕事の関係で.)

用意したアドレスにIEからアクセスするとActiveXを実行するときのように「これはキケンかもしれませんよ?」な警告メッセージを表示するダイアログにOKと答えるだけでSWTで作られたアプリケーションが立ち上がる.

「だから何?」とか言いたいあなたの気持ちもよ〜くわかるが,今までの状況を考えると「プログラムダウンロード>コマンドプロンプト立ち上げる>パス移動>実行」という面倒な方法か,「ダウンロード>.batを実行」というぁゃιぃ方法でしか実行できなかったのに対し,このWEB経由での実行は普通の人にもだいぶ馴染みやすいのではないかなぁと思いました.

[UNIX] TeX meets WSIWYG!!

なんでもTeXをWSIWYG*1で扱えるものがあるらしいという情報を得ました.

その名もLyX

使ってみたのですが,なんかイマイチでした…@Windowsだからか?

それでも,テーブルを記述するときなんかは便利かもしれません.

(個人的に)使い勝手はイマイチでしたが,出力されるソースは比較的きれい.

*1 WSIWYG:"What you see is what you get."つまり,見たままの成果物だよ.という意味.WSIWYGの代表格としてはFrontPageやHomepageBuilderを思い浮かべていただければよろしいかと.

本日のPingbacks(全0件)