32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2003年
9月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2003-09-29 (Monday) [長年日記]

今日はSlashdot関係について自分が興味のあることを取り上げてみました。

参考にしてください:-)

[Windows] telnetd

がWindows2000以降には標準で添付されている。

Telnetサービスというもの。

Telnetサービスを起動するといったところに詳細な設定方法が記されている。参考にされたし。

なんで今日はそんなことについて語っているかといえば…

telnet clientを作ってる方からの「telnetサーバって外部に公開されてないの?自宅からtelnetアクセスしたいんだけどなぁ」のようなデンジャラな要望に対して「あぁ。最近のWindowsはtelnetdついてるよ。ローカルでやったらいいよ」とすすめてみた。

余談だがWindowsのtelnetdは標準とは別によくわからん認証方式も持っているらしい。

ちょっと開発用にすすめたのは失敗だったのかなぁ…とか思いましたが…

でも、まぁ、Rubyのnet/telnet.rbを使ったアクセスは可能だし。net/telnet.rbだって別に特別なことしてなかったし。(ソース読んだ)まぁ、大丈夫でしょう。

[Hack][Slashdot] リファクタリングどうよ?

と、このサイトとしてもこの話題には触れておきたいよな〜

確かにリファクタリング自体は悪いことではないんだけど…

K&Rとかを「みんな良書だって言ってるから」という理由から持ち歩いているよーな人種(ワラ)が「リファクタリングってなんかいいじゃん」とダラダラとリファクタリングするのが悪態。(とかいう

それはそうと、コーディングの規模や対象によってリファクタリングの度合いは変わるべきだよな。そりゃぁ、いつもきれいなコードが書ければ問題ないケドさ…

んで、自分に限った話になりますがライブラリのような根底になるような部分を書いてるときは集中力が違うな〜

ま。ぶっちゃけ、一度限りで特定の用途にしか使わないソースならある程度妥協してもかまわないと思うし。

何より抽象度が低いと萌え燃えないんだよね〜

そんなわけで。時と場合によって重要度は違うダロ。というありふれた解答が得られたわけですが。どうですかね?

[Slashdot][Windows] MS & TRON

結構古い話題になるのですが、なかなか興味深いことなので。

それにしても、Windowsというのは不安定なのについつい使っちゃうんだよね。なんだかんだ言って何の苦労もせずにマルチメディア(死語っぽい)処理ができるのはWindowsのみって感じがしますし。

LinuxやFreeBSDでもできないってことはないんですが、やっぱりWindowsに比べると面倒だし、不安定というイメージがありますな。

せめて、WindowsCEなどの分野では安定したOSの供給をしてもらいたいものです。

とは、言ってみたもののMSが外部と協力してできたものってのは初期の段階では( ゜Д゜)ウマーで開発が進むにつれて( ゜Д゜)マズーになるものが多すぎ。(な気がする。)

有名なものではWindowsNTとかか。

そんなわけで、いつコケるか楽しみだなぁ(悪

[Slashdot][Mobile] DQ & FF

こちらの話題も古め。(というか、URLをメモしておいたんですが、取り上げるのを忘れてた(わら

そんなわけでドラクエとFFがFOMAのiアプリ*1に移植されるらしいです。

*1 ドラクエとFFがFOMAのiアプリ:どうでもいいですが、全角文字を使いまくると一般人に一歩近づいた気になれるな。

わたしとしてはこの動きには大賛成。

そもそも、携帯電話でするゲームとしてふさわしいのはRPGであるはず。というのは前々から思っていたことですので、名作RPGが移植されるのにはイイコトです。

私自身はDDI Pocketのユーザなのでi-αppliとは暫く無縁だとはオモイマスガ。

[Slashdot][Linux] CD-ROMブート可能なPlamo

PlamoLinux3.3の副青果物成果物としてリリースされている模様。

個人的にはCD-ROMブート系のLinuxはハードウェアの確認にしか使ってません。(ぉ

とりあえず、CD-ROMブートのLinux普及のために重要なのではないかということとしてはscpなりftpなりを利用して設定ファイルを外部から供給する方法が必要なのではないか?とか思っていたりする。

Plamo使ってるような人がカスタマイズなしで満足いく利用が出来るとは思えない。

せめて.emacsはどうにかしたいと思ってるはず。かと言ってそのたびに自分のサーバからダウンロードして不要なライブラリ*1のロードをひとつひとつコメントアウトしていく…なんていうのは不便すぎる。

あるサーバの$HOMEに.knoppixだの.plamoだのを掘ってその中に一連の設定ファイルを格納。scpとかftpで取り出す。とかそういう機能があるといい。

もっとコアにcvsで管理してくれるのもいいかもしれない。

*1 不要なライブラリ:不要な、というよりかはCD-ROMブートのディストリでは使用できないライブラリと言ったほうが適切かもしれない。

いずれにせよ設定ファイルのことを考えると憂鬱だ。ってコトですね。

本日のPingbacks(全0件)