32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2003年
8月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2003-08-21 (Thursday) [長年日記]

[UNIX] Pocket Computer

とか、懐かしい響きの言葉をサブジェクトにしてみましたが、別にポケコンは関係ないです。ハイ。

カテゴリーがUNIXに分けられているとおり今日はその関係のお話。

まず、私見たいな人種は外では通信ソフトが使えればパソコンはイラン。っていう感じだと思われますので、早い話、電話でQVGA解像度のムービー!とかやってる暇あったらsshさせてください。USBキーボード使えるようにして。って感じですよ。

で。現実的に一番軽くてストレスがたまらない端末を再考してみることにした。(最近働きすぎ*1で資金的にも余裕があるし。)

*1 最近働きすぎ:今月とかおかしいです。13日までの時点で13 x \10Kは裕に超える時間数で稼動してました。ハイ。

んでNetBSD/hpcmipsに激しく興味がある。

対抗馬のLinux-VRについてもちょっと考えてみましたが、利点といえばmp3が再生できることくらいだと思われるし、この大きさのマシンでmp3なんか持ち歩いたら圧迫するだけ。iFP-195TC持ってるんだからそれ使えよ。ってことになる。

それに比べ、NetBSD/hpcmipsで本家NetBSDのsource package*1がそのまま使えると言うのは大きな魅力だ。

*1 source package:だっけ?FreeBSDでいうところのportsみたいなやつ。

で、暇つぶしがてら購入の候補を考えてみることに。(考えるだけでも楽しいもんね。)

まま、特別なものを除けば、WindowCE端末はどれも小さい端末であるから、高解像度まで出るものを購入してもけっきょくはVGA以下で使うことになりそうだ。文字端末として使うことを覚悟するならある程度の横に大きい縦というのが望まれる解像度だよね・・・

それでも可能ならばX上でemacsとかもやりたーい。

ま。時間をかけて考えて見ます。

とりあえず2chのNetBSD/hpcmips @ WinCE機 ってどうよ?が参考になるかもしれない。

[UNIX] SoftwareDesign

の今月号にシェルについて特集が組まれています。

32的に気になる点があったので突っ込んで見ます。

bashはつい最近、completeに対応しました。(書籍中ではできない。とか書かれています。)

補完機能のカスタマイズもきちんとできるはずです。

いじょ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
32 (2003-08-22 (Friday) 19:26)

嘘。持ってるのはiFP-195TCではなくてiFP-190TCです。

本日のPingbacks(全0件)