32nd Diary

トップ | 最新 | 過去の日記 | もっと過去の日記

2003年
6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
めーるあどれす
ruby -rbase64 -e'puts Base64.decode64 %q(dGFrYW5vMzJAZ21haWwuY29t)'



2003-06-26 (Thursday) [長年日記]

[FF11][Work] BCNM行ってきました

まず、BCNMについて説明。

BurningCircleNMの略称。BurningCircleというのは「旅の扉」的なもので、NMというのは砕けた言い方をすれば「ボス」みたいなもんである。BurningCircleで戦えるNMという意味。

ある特定の条件を満足してBurningCircleに突入するとBCNMと戦える。

で。このBCNMのドロップアイテムが( ・∀・)イイ!

と。概要を説明するとそんな感じです。

その討伐に昨日リアル知人中心のLS*1で行くことになった。

とは言っても、32は緊急の欠員の補充だったわけですが。(ぉ

*1 LS:LinkShellのこと。LinkShell単位で連絡を取り合うことが可能。いわばircのチャンネルのようなもの。

で。結果から言うとスクリーンショット取り忘れ二連戦して二連勝でした。

ドロップは目立つところだとリフレシュx2,ファランクスx1など。

よくわかんないけど、そこそこ当たりのアイテムだったらしい。(ぇ

う〜ん、やっぱり緊張感のある戦闘もたまにはいいですな。

とか思いました。

[UNIX][Windows] IEよ。すべてやれ。(ぉ

UNIXは「小さいものを組み合わせて大きなことをする。」というような基本的な理念に基づいていて、その理念に沿わないものは大概廃れてきた。

その中で例外的に廃れてない*1と言っていいものにemacsがある。

やつはlispによる拡張性を武器にさまざまな機能を統合してきた。

たとえばそれは開発環境であったり、メーラとしての機能だったり、ブラウザとしての機能だったりするわけだ。

*1 例外的に廃れてない:ここでは別にemacsの是非について問うつもりはない。ちなみに、こんなことを言っているワタクシ32も熱狂的なemacsユーザーである。

しかも、やつがやる気になればshellにもなる

んで。最近ふと思ったんだが、Windowsならば基本理念がこの大胆な思想に沿っていると思うわけ。しかし、未だにemacsのようななんでもやる、やれるものが存在しない。

32が考えるにWindowsの現時点で唯一その候補として有力なのはInternetExplorerであろうと思う。

まず、アドレスにfile:///C:/のように入力すればシェル*1として使えるはずである。

*1 シェル:コマンドが打てるとかそういう意味でシェルと言ってるわけではなくて、OSとの架け橋という意味で使ってます。

で。テキストコントロールがあるので一応、エディタとして使える。BBSなどに書き込むときにも使っているし。

さらにはemacsはelispにより意味不明なほどの拡張性があるが、InternetExplorerもJavaScriptやVisualBasicScript*1などの言語を理解することができる。

*1 VisualBasicScript:なんか、MSが推奨しない言語になったらしいけど。>VBS

他にもメーラとしての機能などイロイロと搭載してほしいものはあるが…

で。結局何が言いたいかというと、IEが独自言語とかで追加機能を実装できたらいいなぁ。とか。

もし、IE自身に機能を追加できるならIEで動く2chブラウザとか作れるはずなわけよ。

で。そのIEで動く2chブラウザは各種のタブブラウザでも当然のように動作する。

そんなことが可能になるかもしれない。

考えただけでワクワクしません?

っつ〜か、ここまで書いて気づいたけど、「IEよ。すべてやれ。」というより「IEよ。emacsになれ。」って言ってる勢いがありますな。

ちょっと思考が飛躍しすぎかも。

別におかしいことはしていない。
本日のPingbacks(全0件)